フォト

おすすめ本

« カレー南蛮そば | トップページ | ユノアアズ少年の服に着替えるかける君 »

「花競べ」

朝井まかて「花競べ―向嶋なずな屋繁盛記」講談社文庫

「恋歌」で直木賞を受賞した朝井まかてのデビュー作。
デビュー作にしては達者で、さすが。

「なずな屋」を営む若夫婦、新次とおりんが主人公。
男前すぎて若い頃に女の子がぞろぞろ付いて来るほどだったため、女性に警戒心がある新次。
おりんは家を出て子供に手習いを教えていて、しごくさっぱりした気性なのが新鮮だったらしい。

感じのいい若夫婦に、新次の幼馴染夫婦や、新しいお得意さんの大店のご隠居と孫息子、新次が独り立ちする前に勤めていた大きな育種屋、夫婦が預かることになった男の子「雀」(本当はしゅんきち)などが絡んできます。

苗や種を育て、時には新種を作り出す花師という仕事が、江戸では盛んだったのですね。
「花競べ」とは、最も優れた名花名木に与えられる称号・玄妙を目指して、江戸中の花師が育種の技を競い合う三年に一度の祭。
花や樹木を扱うすがすがしさが伝わるような筆致で、ムラサキシキブ、桜のソメイヨシノなどの命名をめぐるエピソードもあって楽しく読めます。

新次は仕事先で、かっての勤め先のお嬢さんで、共に修行した理世と再会します。
女ながら才能があり、今は家を継いでいる理世。
身分違いだからと気持ちをはっきりさせずに店を出たままだった新次は‥?
女性作家にしては、妻のおりんのほうをほったらかしなのがやや意外な展開。
おりんの気持ちを追ったらさらに生々しくなるのを避けたのかも。
気持ちにけりをつけるという展開とはいえ、理世のことが妙に浮き上がって見えるような。
何もいわずに戻った新次を、おりんは黙って受け入れたようですけどね。
子供のいない二人が預かって育てた雀こと、しゅん吉の未来が開けるので、話としてはまとまった読後感に。

« カレー南蛮そば | トップページ | ユノアアズ少年の服に着替えるかける君 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63830211

この記事へのトラックバック一覧です: 「花競べ」:

« カレー南蛮そば | トップページ | ユノアアズ少年の服に着替えるかける君 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック