« スノードロップなリカちゃん登場 | トップページ | スノードロップなリカちゃんの細部 »

「もう年はとれない」

ダニエル・フリードマン「もう年はとれない」創元推理文庫

高齢の元刑事が孫と一緒に活躍するミステリ。
テンポよく、けっこう大きな事件が展開します。
もうシリーズ2冊目も出ているようです。

バック・シャッツは87歳。
元メンフィス署殺人課の刑事で、「ダーティ・ハリー」ばるの荒っぽい捜査で伝説的な存在でした。
かっての戦友が死に際に言い残した言葉から、騒動に巻き込まれます。
死んだと思われていた元ナチス親衛隊の将校ジーグラーがじつは生きていて、金塊を持って逃亡したというのです。
第二次世界大戦に従軍していて捕虜になった経験のあるバックとは、浅からぬ因縁のある将校。
ナチの逃亡犯と金塊という組み合わせに、戦友の孫夫婦や牧師、元調査官やイスラエルの職員など、さまざまな人物が絡んできます。

息子をなくしているバックは、孫息子(あだ名がテキーラ)と共に、真相を探りに出かけます。
口が悪く、今も大胆なバック・シャッツ。
退職後のブランクが長すぎで、既に身体は老いて腕力がびっくりするほどなくなっていたり、時には認知症ではないかと怯えたり。
表はともかく内心では妻は最愛の存在だし、じつは情が深い様子。

バックの活躍が、ネットでジョークになったりするのが楽しい。
作者自身は孫に似たところがあるようで、バックは祖父がモデルらしいですね。
孫が祖父に対して微妙な引け目を感じていたりする当たり、リアル。
バックが年をとった愚痴をこぼし過ぎみたいな感想をちょっと見かけましたけど~88歳になろうという所ですからねえ。
それぐらいの年齢の人、いろいろ知ってますので(笑)
あちこちガタが来ていても、これだけ動き回れる元気があるなら御の字では。
精神的には、仕事を諦めていた時期よりも元気になっていった様子もあって、いいですね。
面白く読めました☆

|

« スノードロップなリカちゃん登場 | トップページ | スノードロップなリカちゃんの細部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63828881

この記事へのトラックバック一覧です: 「もう年はとれない」:

« スノードロップなリカちゃん登場 | トップページ | スノードロップなリカちゃんの細部 »