« 久しぶりのお寿司屋さん | トップページ | 鳥の雛との遭遇 »

「薔薇の輪」

クリスチアナ・ブランド「薔薇の輪」創元推理文庫

アガサ・クリスティと並び称されたクリスチアナ・ブランドの、未訳だった長編が、発行されました。
1977年の作品。
探偵役は男性のチャッキー警部ですが、話の本筋は乙女ミステリとても呼びたいような内容。

ロンドンの女優エステラ。
美人で気立てもいいけど、演技はそれほどでもない。
エステラの人気は、体が不自由なためウェールズの田舎で療養している可愛らしい娘とのやりとりを書いたエッセイに支えられていました。
エステラが若い頃に結婚した相手はギャングで、服役中。
この夫が、病気のため特赦で出所することになり、死ぬまえに娘に会いたいと言い出します。
エステラを支えるマネージャーの女性や娘の世話係は、大慌て。
危険人物だが娘のこととなると感傷的な夫が期待するようなわけにはいかない‥
そして、事件が起こり?
閑静な田舎町にマスコミが駆けつける大騒動に。

芸能界の内幕のちょっとビターな面白さと、思いがけない出来事の連鎖で、はらはら読ませます。
クリスチアナ・ブランドの作品って、ちゃんと出来ているんだけど~読み終わると内容を思い出せないのがほとんど。
何年か後に読み返すのに邪魔にならなくて良いけど。
この作品はそんなに長くはないけど、わかりやすくて印象が強いですね。
バッチリ覚えられて、忘れられない~珍しい作品になりそうです☆

|

« 久しぶりのお寿司屋さん | トップページ | 鳥の雛との遭遇 »

コメント

新刊で出たときに即買い。
なかなか読みたいミステリーないですからね~
たしか、このミスで下位ですけど入っていましたね。
一時期昔の本格ものにはまってました。今はなかなかそういうふつうのミステリー翻訳されませんね。

「薔薇の輪」はカバーがキレイでしたが、あいかわらずややこしいお話でした。うすうす見当が付くのですが、なかなか核心にたどり着かず、でも後味はわるくなかったですね。

投稿: marie004 | 2016年6月18日 (土) 09時08分

marieさん、
即買いでしたか~♪
このミスでも上がってましたね!
昔の本格もの、いいですよね。たまに読みたくなります。
ミステリ、最近のは何だろう~けっこう綿密で重いの多いかな。
「薔薇の輪」はカバー綺麗ですね。
ちょっと乙女ミステリっぽくて、でも昔の推理小説で単発だから甘さは保障付きではないし、はらはら。
後味は悪くなかったですね^^

投稿: sana | 2016年6月19日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63696777

この記事へのトラックバック一覧です: 「薔薇の輪」:

« 久しぶりのお寿司屋さん | トップページ | 鳥の雛との遭遇 »