フォト

おすすめ本

« リカちゃんBFかける君とユノアアズ少年のご対面 | トップページ | ポールのパンでランチ »

「蓮花の契り 出世花」

高田郁「蓮花の契り 出世花」ハルキ文庫

みをつくし料理帖シリーズが有名な高田郁さん。
「出世花」の続編で、こちらはこれで完結。

お墓だけの寺・青泉寺に行き着いた娘・艶は、「縁」という名を授かります。
尼ではなく「三昧(さんまい)聖(ひじり)」の正縁として湯灌場に立ち、心をこめて清める日々を送っていました。
前作から数年後。

和菓子屋の桜花堂の若い主・仙太郎が、縁を預かりたいと申し出ます。
仙太郎の継母・お香は、実は縁の実母。
ある理由から、お香のいる桜花堂でしばらく一緒に暮らして欲しいと。
住職らは、町での暮らしも経験してみるように勧めます。
母の本心は、やや無理があると知りつつも、このまま跡を継いで欲しいというもの‥

町娘として生きるのか、三昧聖を続けるのか、それとも尼になるのか?
一方、兄弟子にも突然故郷からの連絡が入り‥
そんなとき、永代橋で大事故が起こり、縁もこれに巻き込まれて、思わぬ余波が‥!?

この清らかさは高田郁さんならでは。
複雑に絡み合った事情を抱えて、生きる道を模索する正縁。
真面目で善良なのにもほどがあるってぐらい、ちょっとストイック過ぎるほどですが‥
信じる道を、信頼できる人とともに歩む。
天災に遭遇した人々とその遺族への思いがこれほどになるのは‥
お気持ちが胸にしみます。

« リカちゃんBFかける君とユノアアズ少年のご対面 | トップページ | ポールのパンでランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63697805

この記事へのトラックバック一覧です: 「蓮花の契り 出世花」:

« リカちゃんBFかける君とユノアアズ少年のご対面 | トップページ | ポールのパンでランチ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック