フォト

おすすめ本

« ハピサマmomokoのデニム合わせ | トップページ | ご近所の花たち »

「消えた修道士」

ピーター・トレメイン「消えた修道士 <上下>」創元推理文庫

修道女フィデルマ・シリーズ、7作目。
兄である王と王国の窮地を救えるか?

7世紀のアイルランド。
フィデルマは修道女であり、高位の弁護士でもあります。
国境で何かと揉めてきた隣接する部族と和平協定がなり、大族長が訪れます。
ところが、行列に何者かが矢を射かけ、大族長が怪我をしてしまう。
互いに陰謀と非難しあう騒ぎとなります。
この場合、招いたほうであるモアン王国のほうが、不利な立場に。

証拠の品の出所を追って、フィデルマは相棒エイダルフと共に旅立ちますが‥?
イムラックの大修道院では、貴重な聖遺物が紛失していました。
保管を担当していた修道士が失踪してしまったという。
調査を依頼されたにフィデルマは、妙な事実に気づきますが‥

修道院のある町には、いろいろな人が出入りしていました。
思わぬ襲撃を受けて町は大荒れとなり、人々の心のよりどころが失われそうになってしまう。
王国の平和と威信を取り戻そうと奮闘するフィデルマ。
王の妹で、頭が切れる超秀才で高位の資格を持ち、しかも活発な美人というフィデルマですが、大の男が束になってもかなわない難題を解決する役立ちぶりは立派。
教授でもあった作者にとっては、愛弟子のような感覚で自慢したいのかな。

当時のアイルランドでは、実は修道女でも結婚できるんですね。
捜査のときのよき相棒だったサクソン人の修道士エイダルフとの仲は‥?
今回、さらっと離れてしまいそうですが~
怖いものなしのようなフィデルマのさっぱりしすぎの性格、口にできない思いと恋愛下手、これが実は弱みかも。
いやまた出会うのは間違いないと思うけど、どこでどんなふうにか?
気が揉めますね(笑)

« ハピサマmomokoのデニム合わせ | トップページ | ご近所の花たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63696755

この記事へのトラックバック一覧です: 「消えた修道士」:

« ハピサマmomokoのデニム合わせ | トップページ | ご近所の花たち »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック