フォト

おすすめ本

« 水色のドレスのバースデー・バービー | トップページ | ご近所の花たち »

「レッドベルベット・カップケーキが怯えている」

ジョアン・フルーク「レッドベルベット・カップケーキが怯えている」ヴィレッジブックス

お菓子探偵ハンナの、たぶん16作目?
コージーの中でも出来のいい、人気シリーズです☆

ハンナは故郷の町レイク・エデンで、手作りクッキーとカフェの店をやっています。
小柄な美人ばかりの母と妹二人に囲まれ、一人だけ赤毛で大柄、亡き父親に似ているのです。
料理上手で気さくで親切な人柄が自然に描けていて、親しみやすいストーリー。
事件が起きると皆がハンナに捜査を期待しつつ、われもわれもと協力してくれます。
いぜんは素人探偵に反対していたボーイフレンドの一人マイクも、ハンナの捜査能力を認め始めた様子。

ボーイフレンドはもう一人いて、マイクほどハンサムじゃないけれど人柄の良い歯科医のノーマン。
今回は、このノーマンの昔の婚約者で、前に一騒ぎ起こしたドクター・ベヴが、なんと町に舞い戻って来ます。
美しく変身したベヴは資産家の婚約者と登場し、ハンナに宣戦布告?
完成したばかりの高層マンションの最上階に住む予定だという。
ところが‥?

ミステリ読みが期待するほどの凝った事件ではないので、ミステリ部分はまあ、さらっと。
本によっては本当に簡単ですが、今回はまあまあ。
お約束の展開含みつつ、おなじみの一座の公演といった感じ。
キャラが最初はかなり偏っていた部分も、それぞれに成長してきていますね。
お菓子だけじゃなくて、美味しそうな料理もいろいろ出てくるようになったし。
脇役の個性が面白おかしく生かされ、関係の微妙な変化とストーリーを絡めているところが上手なんです。
美味しそうで楽しく笑えて、ちょっとスリルがあり、時々リアルでちょっとほろっとさせる、そんなお話です☆

« 水色のドレスのバースデー・バービー | トップページ | ご近所の花たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63591757

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッドベルベット・カップケーキが怯えている」:

« 水色のドレスのバースデー・バービー | トップページ | ご近所の花たち »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック