フォト

おすすめ本

« 3日がお誕生日だったリカちゃん | トップページ | 7日8日はひの新選組まつり »

「我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「「我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話」

髪結い伊三次捕物余話、8作目。
2011年には出ていたんですね。

主人公はシリーズ名どおり、廻り髪結いの伊三次。
町方同心不破友之進の手伝いもしているのですが、その息子の龍之進の力になる機会も増えています。
じつは‥若い世代の話ばかりで、伊三次以上にごひいきだった、妻で芸者でもあるお文の出番が少ないのでちょっと飽きてきて、しばらく読むのを休んでいましたが。
ものすごく読みやすかった!
やっぱり、好きなシリーズです☆

龍之進も番方若同心になり、進境を見せるところがすがすがしく、頼もしい。
「委細かまわず」では、上役の小早川と対峙して成長していく。
「黒い振袖」では、ある藩の姫が行方不明となった事件を若手で捜査することに。
お家騒動の渦中にあり、喪服がわりに黒い振り袖を着た、かがり姫。
ひととき危機を共にしたことで、忘れられない相手に。

「明烏」は、久々にお文が主役。
夢の中、異界へ迷い込んだような形で、生みの母のいる美濃屋に引き取られた場合の生活ぶりが描かれます。
嬉しさと違和感と寂しさと。
そして、今の幸福をかみしめる。
いい味わいの話でした。

「我、言挙げす」という題は、内容が想像できませんでしたが、いい言葉ですねえ。
龍之進は、かって上司の不正を告発しようとして閑職に追いやられた人物・精右衛門へ、「言挙げなさった」という言葉で、共感を伝えるのです。

ラストは火事で家が焼けてしまうという衝撃的な結末ですが、この続きで暮らしが立ち直っていく様子もちゃんと出版されているので、続けて読みつなぎましょう☆

« 3日がお誕生日だったリカちゃん | トップページ | 7日8日はひの新選組まつり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63430422

この記事へのトラックバック一覧です: 「我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話」:

« 3日がお誕生日だったリカちゃん | トップページ | 7日8日はひの新選組まつり »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック