フォト

おすすめ本

« 萩尾望都SF原画展 | トップページ | 4月の庭 »

「ナイルパーチの女子会」

柚木麻子「ナイルパーチの女子会」文藝春秋

若い女性が友人との葛藤がもとで破綻していく話。
ナイルパーチとは食用できる淡水魚だが、生態系を壊してしまうほどの凶暴性があるという。

志村栄利子は、父も勤めていた大手の商社で働く30歳。
完全主義でいつもきちんとしているキャリアウーマンですが、実はいっぱいいっぱいで、友達がいないのを苦にしていました。
そんな栄利子がはまったのが、ゆるい主婦ブログ「おひょうのダメ奥さん日記」。
「おひょう」こと丸尾翔子が近所に住んでいて、偶然に出会った栄利子は、親友になれると思い込む。
ところが‥

翔子は、一見すると気楽な雰囲気を持つ、付き合いやすそうな女性。
実は田舎の家族とくに身勝手な父親から逃れるように上京してきたのです。女同士の付き合いはやや苦手としていて、やはり友達はいない。
ブロガーとして、人気が出るのですが‥?
栄利子のほうは都会の裕福な家庭で両親に大事に育てられてきましたが、そこにも実はわかりにくい歪みがあった。
子供の頃は、仲のいい幼馴染もいたのですが‥
おひょうの態度の変化を理解出来ず、大量のメールで報われない思いをぶつける栄利子。
「わかってくれるまで止めるつもりはない」という考えはストーカーそのものでは。
なるほど、こんなふうに考えるのか‥

真織という派遣の若い女が、「友達がいる」という意味では普通の女性として登場しますが、実は彼女が一番怖い。
これはないんじゃない‥?という出来事で、他が吹っ飛ぶぐらい。
いや、あの‥友達を大事にしているって、どんな友達付き合いをしているわけ?
もしかして、これぞナイルパーチ?(笑)

栄利子はそつのない人生を送りそうな女性だったのに、どんどん壊れていく。
途中でいったん、読むのを止めたほどですよ。
だがその体当たりの様子のために、後で二人の人物に謝ってもらえるシーンがあり、それは人生の真実を含んでいる印象。
このあたりを読むために、一読の価値ありと思います。
こじれた人間関係は、どこにでも起こりうるものだから。
生々しい迫力のある小説でした☆

« 萩尾望都SF原画展 | トップページ | 4月の庭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63430365

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイルパーチの女子会」:

« 萩尾望都SF原画展 | トップページ | 4月の庭 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック