フォト

おすすめ本

« チューリップが咲いた | トップページ | 紺チェックスカートにピンクカーデのmomoko »

「かたづの!」

中島京子「かたづの!」集英社

江戸時代のはじめに、唯一実在した女大名を描いた作品。
彼女に出会った羚羊を語り手に、ファンタジックな展開を見せます。

慶長五年(1600年)、角を一本しか持たない羚羊が、目力の強い少女に命を救われて、一目惚れ。
八戸南部氏20代当主である直政の妻・袮々でした。
羚羊は城に出入りし、袮々を見守ります。
寿命がつきた後も一本の角に意識は残り、いざというときには思わぬ活躍をする南部の秘宝・片角(かたづの)となるのでした。

幸せな年月が続いたある日。
城主であるまだ若い夫と幼い嫡男が、遠方で命を落とします。
叔父である本家の利直の謀略と思われますが、袮々は女ながらに領土を守ることを決意。
天下分け目の時節、跡継ぎに任せられるときまでと、駆け引きを重ねながら。

家臣との結婚を迫られたり、娘の婚約をほごにされたり、頼りになる人物を召し上げられたり、遠野に配置換えとなったり。
戦で大事なこととは、やらないのが一番。
どちらに参戦しているか、幟を立てて存在を示すだけでいい場合もあると。
父祖の教えを守りつつ、あの手この手で家臣と領民を守ろうと懸命に働く袮々。
河童が出てきて、遠野の領地とつながったり。
「かたづの」として秘宝となっている羚羊の出会う不思議なものたちとは‥

袮々の苦労が実感ありすぎて、その運命が哀しい部分と、妖怪?たち(複数!)の存在感の強さが、摩訶不思議な混ざり具合。
まさかこんなところまで、絡んでくるとは。
河童に惚れられていたという話を、険悪だった母娘が互いにして大笑いするシーンが印象に残りました。

第28回 柴田錬三郎賞
第4回 歴史時代作家クラブ賞作品賞
第3回 河合隼雄物語賞
確かに、インパクトの強い、なかなか出会えない物語です☆

« チューリップが咲いた | トップページ | 紺チェックスカートにピンクカーデのmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63217759

この記事へのトラックバック一覧です: 「かたづの!」:

« チューリップが咲いた | トップページ | 紺チェックスカートにピンクカーデのmomoko »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック