フォト

おすすめ本

« 函館塩ラーメンとカレーパン | トップページ | 寒い日と春らしい日の水色ニットmomoko »

「あの家に暮らす四人の女」

三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」中央公論社

古い洋館に一緒に住んでいる4人の女性。
四姉妹ではありませんが、谷崎潤一郎の「細雪」へのオマージュらしい?

家付き娘の鶴代は、バツイチののんきなお母さん。
娘の佐知は、刺繍作家で独身、やや奥手。
女二人で暮らしているところへ、佐知の友人・雪乃と、その会社の後輩・多恵美が同居することに。
雪乃は美人でスタイルもよく、しっかりした女性なのですが、あまり特徴がない和風美人で、よく人に間違えられるという設定がとぼけていて、しをんさんらしい。
多恵美のほうは、ストーカーから身を隠すのが目的で引っ越してきたのでした。

この屋敷には門の近くに離れがあり、門番というわけでもないのですが、父親がいぜん使用人だった頃から暮らしている山田がそのまま、そこに住んでいました。
鶴代をお嬢さんと呼ぶ山田は、用心棒のつもりらしい。
鶴代とは別に男女の関係になったわけでもないのですが、長い付き合いで傍目にはしっくりいっているように見えることもあったり。

「細雪」は大好きな作品。
谷崎の奥さんの姉妹をモデルに、お嬢さん育ちの四姉妹の生活ぶりが、ゆるゆると描かれています。
家の跡継ぎのまじめな長女、妹達を預かっている明るい次女の幸子、とても美人だが結婚が決まらず見合いを重ねる雪子、一人だけ現代的で問題を巻き起こす妙子という四姉妹。
オマージュというほど似てはいませんが。
こちらは四人とも独身、という所が現代的?
結婚しなくても女同士の暮らしでも良い、他人の男と女でも曖昧な関係だって悪くないじゃないか?というような。

何気ない日常がゆったりと描かれ、このまま行くのかな‥?
と思っていると、世界が激変~ファンタジー風味に。
河童のミイラが家にあるというエピソードも笑えるけど、さらにこれが~~~
近所のカラスも、一筋縄ではいかない設定と展開で、仰天。
こうなると、ぜんぜん「細雪」ではないけれど、まあそのままでもつまらない?
謎のタイトルは誰の視点なのか?と思っていたら、こういうことでしたか!
結果的にはほのぼのする読後感で、面白かったです☆

« 函館塩ラーメンとカレーパン | トップページ | 寒い日と春らしい日の水色ニットmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63341183

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの家に暮らす四人の女」:

« 函館塩ラーメンとカレーパン | トップページ | 寒い日と春らしい日の水色ニットmomoko »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック