フォト

おすすめ本

« ご近所の花たち | トップページ | 袴のおてんばさんと振袖momoko »

「魔法使いの王国」

レイ・カーソン「魔法使いの王国」創元推理文庫

異世界ファンタジー三部作完結。
16歳で政略結婚させられたヒロインが成長していきます。
波乱の続く展開で、面白かった!

エリサは、ゴッドストーンを帯びて生まれた運命の王女。
当人には教えてはいけないとされたせいもあって、その意味もはっきりとはわからないまま。
姉がまた美人で出き過ぎだたっためにコンプレックスを抱いて、育ちましたが‥?
本好きで歴史の知識があり、いざというときには勇気もあるエリサ。
ホヤ・ド・アレナ王国の若き女王として、王国を守るために奮闘します。

異国出身の若い女王に対する貴族の反乱。
永年の敵である異種族・インビエルノの侵攻。
内憂外患のうえ、愛する近衛司令官のヘクトール卿が誘拐され、それもエリサを敵国におびき出すのが目的でした。
何を狙っているのか?
インビエルノの外交官だった、つまり敵国出身の部下を案内人に、再び危険な旅へ。

一作目は、おそらく長い年月かけて煮詰めただろう重さのある作品で、とても1年ほどの話には思われない波乱万丈の物語でした。
二作目は、一転してハリウッド映画のようにわかりやすかったです。
三作目は、これまでのいきさつ、登場人物も総出なので、なかなかの密度で、大団円に。
元気な女性たちがトップに立って、協力し合う様子が嬉しいです。

会話などはライトノベル風な部分もあり、入りやすいと思います。
こういう鮮烈な面白さのある作品は意外と少ないですよね。貴重かも☆

« ご近所の花たち | トップページ | 袴のおてんばさんと振袖momoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63341458

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法使いの王国」:

« ご近所の花たち | トップページ | 袴のおてんばさんと振袖momoko »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック