フォト

おすすめ本

« 袴のおてんばさんと振袖momoko | トップページ | ふくしま苺のパフェ »

「珈琲店タレーランの事件簿3」

岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿3~心を乱すブレンドは」宝島社文庫

珈琲店タレーランの事件簿も3作目。

今回は、コンテストの会場に話を絞り、事件解決に挑むことになります。
関西バリスタコンペティション(KBC)に、ヒロインの切間美星が参加することになり、常連(で語り手)のアオヤマも、助手として同行することに。

そこで、コーヒーに異物が混入される事件が起きて、大問題に。
しかも、過去の大会でも同じような事件が起こっていたとは。
その件に、じつは美星も憧れていた天才バリスタの千家が関わっていたという‥

どう転ぶかわからない身内の話ではなく、密室の事件に容疑者が数人という形なのが、読みやすいまとまりを感じさせました。
大人しそうに見える女の子がじつは頭が切れてビシバシ鋭く(途中アオヤマを犠牲にしかけたりしつつ)推理していく手際は、ちょっと快感?
美星とアオヤマの仲がいっこう進んでないというのも案外、らしい感じですね~(笑)

« 袴のおてんばさんと振袖momoko | トップページ | ふくしま苺のパフェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63430324

この記事へのトラックバック一覧です: 「珈琲店タレーランの事件簿3」:

« 袴のおてんばさんと振袖momoko | トップページ | ふくしま苺のパフェ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック