フォト

おすすめ本

« 白トップスに赤チェックスカートのみんつくさん | トップページ | ご近所の花たち »

「虚ろな十字架」

東野圭吾「虚ろな十字架」光文社

2014年5月発行の作品。
罪の償いはどうあるべきか、死刑なら償いになるのか‥?
重い課題を含んだ良心的な小説です。

中原は11年前に、娘を喪いました。
強盗に殺されたのだ‥しかも、犯人は出所後の再犯。
怒り悲しむ夫婦は死刑を望み、それは叶ったのですが、それで愛娘が戻ってくるわけではない。
離婚し、中原は職も変えたのです。

別れた妻・小夜子が通りで事件に遭ったという連絡が入り、驚愕する中原。
力を失った元妻の両親を支え、離婚後の小夜子がどう生きたのかを調べ始めます。
彼女は、犯罪についてルポするライターとなっていました。
思いがけない真実が、そこに‥

万引きをするにしても、そこにいたる事情や理由はさまざま。病的な状態で刑罰より治療を要するケースが多いとか。知りませんでした。
殺人も、もちろんのこと、事情は極端に違ってきます。
犯罪被害者や遺族は、償いを求めますが、償いといっても何が有効なのか‥
死刑はなくなるのが理想ですが、抑止力として、否定はしきれません。
しかし、死刑が決まっても反省することのない犯人では‥
収監されている期間が、心から後悔する機会となればいいのですが。

終盤で出てくるごく若い頃のある人物の罪については、まだ未熟な年齢の事件なので、起訴されないのも妥当なのでは。
(当然という描き方ではなく、いろいろな成り行きあってのこと)
いや、子供は大人に相談しなくちゃいけません!

それと、何もなかったふりで生きていくのも、本人の気持ちの整理がつかないという問題があるという重さ。
小説の読後感としてはすっきりはしないけれど‥
割り切れない重さを抱いたままで終わるのは、致し方ないことかもしれません。

« 白トップスに赤チェックスカートのみんつくさん | トップページ | ご近所の花たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63139456

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚ろな十字架」:

« 白トップスに赤チェックスカートのみんつくさん | トップページ | ご近所の花たち »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック