フォト

おすすめ本

« うちのこアクセと猫の写真 | トップページ | ニットに黒チュールスカートのヴァイオレットさん »

「ありふれた祈り」

ウィリアムケントクルーガー「ありふれた祈り」   ハヤカワ・ポケット・ミステリ   

少年の日の、ひと夏の事件を回顧する内容。
初めて読んだ作家さんですが、切なく、確かな描写で、とてもよかったですよ。

ミネソタ州の田舎町、1961年。
13歳のフランクはやんちゃ盛りで、街中をすばしこく飛び回っていました。
穏やかで博識な父親は、牧師。
母は、良家の出で、芸術家肌。
二つ下の弟ジェイクは賢い落ち着いた子なのですが、緊張すると吃音になるため、からかわれることもあります。
18歳の姉のアリエルは美しく、音楽の才能に恵まれていて、弟達にも優しい。
一家の希望の星である姉には、失意を抱える母親が特に大きな期待を寄せていました。
その姉が行方不明となり、フランクの住む世界はとつぜん悲痛な色を帯び始めます‥

豊かな自然に恵まれた町ですが、上流階級と庶民の住む区画は分かれています。
人種差別もあり、普通の人々の中に、いろいろ癖の強い人間もいる。
互いに何とか許しあってほど良い加減で暮らしていた、ゆったりした描写が、しだいにテンポを速めていきます。
複雑な出来事をただ目を見張って受け入れるうちに、男の子達は大人の世界に一歩、足を踏み入れていく‥

卑小な人間のどうしようもなさ、悪気はなくとも個性がぶつかり合い、弱点がすれ違う哀しさ、苛立ち、切なさ。
タイトルになっているシーンは感動的です。
よく描ききってくれたな、と胸をうたれました。
エドガー賞はじめ全米の主要なミステリの最優秀長編賞を独占した作品です☆

« うちのこアクセと猫の写真 | トップページ | ニットに黒チュールスカートのヴァイオレットさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63217719

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありふれた祈り」:

« うちのこアクセと猫の写真 | トップページ | ニットに黒チュールスカートのヴァイオレットさん »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック