フォト

おすすめ本

« 雛祭りのお菓子など | トップページ | 小鳥柄のピンクの振袖の帯を着せ替え »

「7は秘密」

リンジー・フェイ「7は秘密」創元推理文庫

「ニューヨーク最初の警官」の第2弾。
「ゴッサムの神々」の続編です。
1作目の勢いと熱気は、健在。

ティム・ワイルドは、小柄ながら頭の切れる元バーテンダー。
兄のヴァルは大柄で町の顔役的な男。創設されたばかりの警察の分署長となっています。
そのヴァルに強引に警察に入れられ、何とか腕を証明したティムは、今や殺人事件捜査を期待される立場となっています。

1846年の真冬。
黒人奴隷問題で、アメリカは南北に意見が割れていました。
解放された黒人は北部では自由なのですが、逃亡奴隷は南部に引き渡すことになっています。
黒人の血を引く美しい女性ルーシーが訴えにやって来ます。悪辣な奴隷捕獲人に、奴隷ではない家族をさらわれたと‥
兄の家にルーシーを匿ったのですが‥?!

多感なティムが、大きな陰謀や悪意に立ち向かいます。
孤立しているかのようだった警察でも、しだいに認められていくのが嬉しい。
前作で遠いロンドンに渡ったままの初恋の娘マーシーも、微妙に揺れる様子を伝えてきます。
売春宿の主人で心がない女・シルキーも、あざやかな印象。

何といっても、葛藤のある兄と弟の、実は互いに命をかけて守るという間柄が熱っぽい。
もとはシャーロッキアンで、ホームズもののパスティーシュから出発したという著者。
この熱っぽさは、洋の東西問わず?ファンの書く物らしい気もします。
濃い空気感ある時代の雰囲気が独特で、読ませてくれます☆

« 雛祭りのお菓子など | トップページ | 小鳥柄のピンクの振袖の帯を着せ替え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63122295

この記事へのトラックバック一覧です: 「7は秘密」:

« 雛祭りのお菓子など | トップページ | 小鳥柄のピンクの振袖の帯を着せ替え »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック