« 恵方巻きとお豆 | トップページ | ジャンパースカートに帽子のみあとバッグのリセ »

「職業は武装解除」

瀬谷ルミ子「職業は武装解除」朝日文庫

戦争が終結したばかりの土地に赴き、兵士の武装を解除する。
そんな職業があるんですね!
積極的な平和主義とは、まさにこのこと。
日本人だから出来ることがあるという。

一見、ごく普通の女性に見える。
瀬谷ルミ子、1977年生まれ。
国連での仕事を経験した後に、国際紛争解決を手がけるNPO法人の代表となりました。
2011年には、Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人25人」にも選ばれた人なのです。

勉強もスポーツも何でも出来る優等生の姉。
明るくて人気者の弟。
どちらでもない自分に出来ることは何か、子供の頃から考えていたそう。
高校時代、新聞に載っていた一枚の写真に衝撃を受けたのです。ルワンダ大虐殺の難民キャンプでの、幼い子供‥
そんな環境にいる人に比べて、自分は努力しだいで色々なことが可能になることに気づいたという。

役に立つにはどうしたら良いか、進路を模索していきます。
日本の大学でまず政治を学びましたが、自分の行きたいコースがない。そこで諦めるのでなく、やっている人がいないのなら就職口は見つかるのでは、と考えたそう。
卒業後、英国で紛争解決学を学び、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワールなどものすごく大変な土地で、国連PKO、外務省、NGOの職員として、紛争を終結させることに携わってきたのですね。

まず兵士に武器を返還させるために、お金や仕事、農機具、職業訓練などを交換に与える。
そうしないと、武器を持った兵士に職がなくては、強盗や暴動が起こって、また逆戻りしてしまうから。
兵士に村や家族が襲われた記憶も新しい人々にとっては、兵士が罪をとがめられずにそんな得をするのは見ていて苦しいのですが‥
先に兵士を優遇しなければならないのは、そういう理由がありました。

アフガニスタンでは、日本人のあなただから武器を渡すと兵士たちに言われます。アメリカ人やイギリス人なら撃ち殺すと。
アフリカでは、植民地支配をしたことがないと評価される日本。
それに、第二次世界大戦で荒れ果てた日本が復興した様子は希望となっているのです。いつか、日本のようになれるのではないかという。
日本には、そういう価値があるのだということ。
そういう歴史的価値を背負った日本人。
平凡な一人に出来ることは少ないかもしれないが、決して、なくはないのでしょう。
傍観者としてではなく、関わっている当事者として考えてみること。
世界で起きていることを少しでも知ること。
この本のご紹介を書くこともその一歩のつもりです☆

« 恵方巻きとお豆 | トップページ | ジャンパースカートに帽子のみあとバッグのリセ »

国内作家:さ行」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

評論・エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63110767

この記事へのトラックバック一覧です: 「職業は武装解除」:

« 恵方巻きとお豆 | トップページ | ジャンパースカートに帽子のみあとバッグのリセ »