フォト

おすすめ本

« みんつくセットを着るヴァイオレットmomoko | トップページ | 黒ダッフルにグレーパンツのmomoko »

「見知らぬ顔」

アン・ペリー「見知らぬ顔」創元推理文庫

19世紀末もの、歴史ミステリです。
ウィリアム・モンクのシリーズ1作目。
だいぶ前に読んだようで、登録してなかったので、再読。
時代色たっぷりで、読ませます☆

病院で目覚めたとき、自分の顔さえ覚えていなかった‥
ウィリアム・モンクは事故に遭い、記憶を失っていたのです。
首都警察の警部で、辣腕で知られた男らしいが、家庭もなく独り暮らし。
薄氷を踏む思いで仕事を始め、記憶を少しずつ取り戻していきますが‥

周りの態度から、厳格で傲慢でかなり嫌われ者だったらしい自分に戸惑いつつ、人生を再構築していくのが面白いです。
上司のランコーンは、やり手過ぎる部下のモンクに警戒心を抱いていたりして。
初めて組む部下のエヴァンだけが安心できる味方となります。

ジョサリン・グレイという退役少佐の事件。
溺愛していた母は嘆き悲しんでいましたが、ほかの評判は必ずしも良くなかったのです。
グレイの叔母にあたるキャランドラ・ディヴィオットはしっかり者で、後々まで登場する人物です。

事件に関連して、クリミア戦争で従軍看護婦だったヘスター・ラターリィも登場。
モンク警部は、気が強いヘスタ-には後ずさり、ヘスターの義姉で女らしい女性に惹かれる様子。
これもどう変わっていくか?
最初の作品には若書きの未熟さもあるかと思いましたが、どうして既に完成された筆致です。
世界が出来上がっていて、タイムスリップしたように楽しめました☆

« みんつくセットを着るヴァイオレットmomoko | トップページ | 黒ダッフルにグレーパンツのmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63110550

この記事へのトラックバック一覧です: 「見知らぬ顔」:

« みんつくセットを着るヴァイオレットmomoko | トップページ | 黒ダッフルにグレーパンツのmomoko »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック