フォト

おすすめ本

« 白いドレスのレッドカーペット・バービー | トップページ | どんすぱとまめぶ »

「異邦人」

原田マハ「異邦人(いりびと)」PHP研究所

京都を舞台に、逗留していた資産家の若妻と画家や画廊をめぐる物語。
美術界を扱うのはお手の物ですが、ドラマとしては新境地のようです。

画廊経営者の息子で専務の篁一輝は、資産家の令嬢・菜穂と結婚しました。
東日本大震災後で原発の事故が起き、妊娠中の菜穂は、京都に一時避難することに。
菜穂は美術には目利きで、祖父のコレクションを有する有吉美術館の副館長でもあります。
震災の後の先が見えない空気の中、身重でうつうつと過ごしていた菜穂はある日、老舗画廊で小品『青葉』を発見します。
その絵の作者は、まだ無名の若い娘・白根樹でした。
京都に馴染み、謎めいた白根樹の作品にのめりこんでいく菜穂。
ところが、東京では画廊と有吉不動産の経営は危機に陥っていた‥

最初は、お金持ちのわがままなお嬢さんという印象だった菜穂ですが、じつは美術への感性が鋭く、真摯な気持ちを抱いていることが次第に伝わってきます。
ある意味では、東京の家族に何もわからない小娘のように不当に扱われていて‥そのへんをひっくり返して反逆していく話かも。
鷹野せんの家に預けられてからは、素直な感じに。
ただの観光客ではなく、信頼される人の紹介で、扉が開かれていく醍醐味。
こういう京都なら、知りたいと思いますよね。

悪気はないけど周りに押され気味な夫の困惑。
菜穂の母は、自分を押し通しているけど、その陰には以前からの事情も実はあったのです。
京都画壇の重鎮や、老舗の画商。
どろどろした人間関係は、さわやかな印象が強い原田マハにしては、ねっとりしたストーリー。
ただその描写はあまり突っ込んではいないので、修羅場は追っていません。その辺が原田さんらしい、抑制したタッチになっています。

画家の樹も神秘的な面があっていいけれど、最後に明かされる点は、‥え?
まとまるような、まとまらないような。
芸術家と作品への尊敬が何より輝いているので、他の面が出てくると意外な落ちに感じるようです。

« 白いドレスのレッドカーペット・バービー | トップページ | どんすぱとまめぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62666696

この記事へのトラックバック一覧です: 「異邦人」:

« 白いドレスのレッドカーペット・バービー | トップページ | どんすぱとまめぶ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック