フォト

おすすめ本

« 市販のジェニー用?振袖 | トップページ | 久しぶりのピザーラ »

「烏は主を選ばない」

阿部智里「烏は主を選ばない」文春文庫

八咫烏シリーズというか、「烏に単は似合わない」の続編。
一作目とほぼ同じ時期の裏側を描きます。

人の姿をした八咫烏が支配する世界、山内。
次の統治者の金烏となる日嗣の御子の座をめぐり、権力争いが起きていました。
賢い兄・長束をさしおいて日嗣の御子に選ばれたのは、うつけの弟宮。
まだ大貴族たちは納得していない。
四家の后候補の姫たちが宮殿に上がりますが、若宮はいっこうに訪れもしないまま、日がたっていきます。
その理由は、刺客に狙われてそれどころではないからだった‥!

地方の豪族の息子・雪哉は、地元でのんびり暮らすのが望みで、ぼんくらと評価されています。
ところが、宮殿で若宮に仕えるよう決まってしまう。
しぶしぶ都へ向かった雪哉は、部下がろくにいない若宮の居所に驚くことに。

無理難題を命じる若宮に反発しつつ、つい頑張ってしまう雪哉。
本当は出来る奴みたいだけど、意地っ張りなんですね。
若宮とのやり取りや、つぎつぎと危地を脱する展開はいきいきと描かれていて、一作目よりも面白い。
1作目の内容ともっとかぶるかと期待したけど、もちろん一部出てきますが‥あまり関係ないほどだった‥

事情のわからない雪哉を視点に展開するのは、1作目と同じですね。
若宮は偏った育ち方をしていて、確かに言葉足らず。
ちょっと気の毒な気もするけど。
金烏が何かもわからない雪哉の不満は、読者も同じですが~だからって辞めると決めるのは早計で、子供の理屈という印象。
とはいえ意外な結末にはいささか拍子抜け。
読者を驚かせることを優先しているのか?
ただ、書かれていない期間があるし‥ひょっとして、これも引っ掛けかなあ‥と思わないでもないですね。
どういう続きにしてくるのか、先を知りたくなります☆

« 市販のジェニー用?振袖 | トップページ | 久しぶりのピザーラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62666638

この記事へのトラックバック一覧です: 「烏は主を選ばない」:

« 市販のジェニー用?振袖 | トップページ | 久しぶりのピザーラ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック