フォト

おすすめ本

« コロンバンのオムライスセット | トップページ | ボークス天使服に編み上げブーツのみう »

「有頂天家族 二代目の帰朝」

森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」幻冬舎

「有頂天家族」の2作目、快調!
3部作なんだそうです。

京都で暮らす狸の下鴨一家。
三男の矢三郎が主人公で、口が軽く身も軽い。
ほぼ引退して飲んだくれている老天狗の赤玉先生のことを気遣うのは、天狗と狸がそういう関係だかららしい。
界隈に英国製の貴重品が空からこつぜんと落ちてきて、天狗のものとわかります。
じつは英国留学から戻った赤玉先生の息子、通称「二代目」のものでした。
英国紳士風の白皙の美男「二代目」と赤玉先生の跡継ぎを自認する美しい「弁天」は、一騎打ちになりますが‥?

矢三郎の長兄は、亡き父もつとめていた京都狸界の頭領「偽右衛門」を継ぐことに。
井戸の底で蛙となっていた次兄もまた、井戸を出て旅立つことに。
矢三郎の前には決して姿を見せることのなかった夷川家の末娘・海星。
婚約者なのですが、これでは付き合いようもないと思っていた矢三郎。ところが?それには可愛い理由が♪

それぞれの恋の花咲く2作目。
おちゃらけてばかりいるようだけど内心は自分なりの熱いものを秘めた矢三郎~化けられるとはいえ狸の身で、人というかほとんど天狗になった美女・弁天に寄せるかなわぬ憧れ。
矢三郎にとっては父の仇の夷川早雲との因縁は。
やる時にゃ~やる!のが、矢三郎。
大文字納涼船合戦、幻術師・天満屋の登場やら、思わぬ僧侶の登場やら、有馬地獄やら。
勢いよく迸る筆に乗せられて、不思議で面白いことが起きる京都の夜へ飛ぶ心地になれます。
3作目も楽しみ!

« コロンバンのオムライスセット | トップページ | ボークス天使服に編み上げブーツのみう »

コメント

これ、本当に大好きなシリーズなんです!
主人公はもちろん好きだけど、二代目がイケてるわ~!
はじめはうさんくさいと思ったけど、なかなかやるじゃないですか!
京都の町が本当にワンダーランドみたいで、地名を見てるだけでワクワクします。
早く3部が読みたいわ~

marieさん、
これ、本当に大好きなシリーズですか!
わかります~♪
楽しいですよね~。
主人公もかわいいし男気あっていいけど、二代目は確かにイケてますね。
はじめは確かに何とも言えなかったけど‥^^;
そうそう、京都の町がワンダーランド☆独特な地名がムード出して♪オーバーラップしますね。
3部も楽しみ!^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62666598

この記事へのトラックバック一覧です: 「有頂天家族 二代目の帰朝」:

« コロンバンのオムライスセット | トップページ | ボークス天使服に編み上げブーツのみう »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック