フォト

おすすめ本

« ご近所の秋 | トップページ | ピンクギンガムのSD黒ウィッグ »

「モカマジックの誘惑」

クレオ・コイル「モカマジックの誘惑」(RHブックスプラス)武田ランダムハウスジャパン

「コクと深みの名推理」も10作目。
コーヒーと恋愛のエンタメ推理、かも?

クレアは老舗コーヒーハウスのマネジャー。小柄なアラフォーで、コーヒーにかけては頑張りやです。
元姑が店のオーナーで、離婚後10年の元夫がバイヤー。
今回は、ネット業者と一流ショコラティエと提携して媚薬入りのコーヒーを売り出すということになっています。
元姑のマダムが旧知の仲の女性が販売担当なので信頼しているからと、詳しいことを知らされないままで、少し不安を抱えているクレア。
提携先は、カリスマ性のある女性達がトップを目指してしのぎを削る組織でした。華やかだけど、いささか異様な雰囲気の‥
もちろん、事件が起こり‥!?

素人のヒロインが探偵役というコージー系のミステリの中では、事件の骨格がハッキリしているほう。
ご夫婦で書いている作品で、男性の視点が入っているからかも?
ニューヨークが舞台なので、相次いで事件に巻き込まれても説得力があります。
恋人も刑事だしね~。
登場人物もポジティブな人が多いのが、さすがアメリカ?
最初は人生に疲れてしょぼくれたイメージだったマイクは別人のよう。実はいい身体をしているらしい(笑)
マイクとはまわりにも認められる仲となり、結婚をすすめられて驚くクレア。今のままで幸せだと思う気持ちとは‥?
娘のジョイも大人になり、年月が流れているのを感じさせますね☆

« ご近所の秋 | トップページ | ピンクギンガムのSD黒ウィッグ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62248311

この記事へのトラックバック一覧です: 「モカマジックの誘惑」:

« ご近所の秋 | トップページ | ピンクギンガムのSD黒ウィッグ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック