« 砂の雫ドレスを着るヴァイオレットさん | トップページ | ロイホのランチとアフタヌーンのモンブラン »

「翳深き谷 上」

ピーター・トレメイン「翳深き谷 上」創元推理文庫

修道女フィデルマのシリーズ、長編6作目。

7世紀のアイルランド。
フィデルマは修道女であり、高位の資格を持つ弁護士でもあります。
今回は、モアン国王である兄に、辺境の地への使者を頼まれることに。

キリスト教がだいぶ普及し始めている時代ですが、まだ全土には及んでいない頃。
禁忌の谷とされるグレン・ゲイシュは、古代の神々を信奉する土地でした。
族長ラズラが、キリスト教の教会と学問所を建てることを考えているということで、フィデルマはサクソン人の修道士エイダルフと共に、その具体的な折衝に出かけたのです。
ところが反対勢力は根強そうで、反感の目を向けられることに。
しかも、キリスト教徒とはいっても教えの異なるローマ派の修道士も来ていて‥?

閉ざされた砦に入る前に異様な事件に出くわし、さらに事件が‥!
フィデルマは、これまでにない窮地に追い詰められます。
時代色たっぷりの濃厚な雰囲気と、のんきで頼りない相棒のエイダルフがえらく対照的。優秀な人のはずなんだけど‥ 宴会の二日酔いが抜けない有様(笑)
美貌で才知溢れるフィデルマですが、生真面目で隙がなさ過ぎるので、こういう相棒がいいのか?
このエイダルフがのちに意外と活躍するため、好印象な展開になりますよ!

« 砂の雫ドレスを着るヴァイオレットさん | トップページ | ロイホのランチとアフタヌーンのモンブラン »

o海外作家:ピーター・トレメイン」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史もの」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62248316

この記事へのトラックバック一覧です: 「翳深き谷 上」:

« 砂の雫ドレスを着るヴァイオレットさん | トップページ | ロイホのランチとアフタヌーンのモンブラン »