フォト

おすすめ本

« ピンクギンガムのSDブラウンウィッグ | トップページ | ご近所の秋 »

「えどさがし」

畠中恵「えどさがし」新潮文庫

しゃばけシリーズ外伝。
よかったです☆

若だんなは出てこず、それどころか、若だんなが生まれる前の話と、若だんなをうしなった後の話もあります。
でもこれが、それぞれ中心になるキャラを生かして、希望の持てる展開へ!

「五百年の判じ絵」
長崎屋の手代になるずうっと前の佐助。
大師を失い、さまよっていた‥
三島宿の茶屋にあった判じ絵は、佐助に何かを伝えようとしていました。

「太郎君、東へ」
妖怪視点ファンタジー。
利根川の流れが変わる様子を、河童の争いなども絡めて悠揚とダイナミックに。
河原で普請が始まり、様子を調べに行った禰々子は‥?

「たちまちづき」
広徳寺の寛朝に、妖退治の相談がつぎつぎに。
出向いた先での危険な出来事とは。
お坊さんの遭遇する事件もの。

「親分のおかみさん」
日限親分のおかみさんは、身体が弱かった。
何とか元気になろうとしてはいたのだが、上手くいかない日々。そんなとき、捨て子が‥?
ほとんど出てこない人が主人公で、視点が新鮮。
少し強くなっていくのが良かったです。

「えどさがし」
時代は、江戸から東京へ。
若だんなといつかまた巡り会える日を信じて待つ仁吉たち。
おや~あの話「明治・妖モダン」の美形さんは、やっぱり仁吉たちだったんだ!

仁吉や佐助の気持ちを思うと、切ない‥ 胸がきゅんきゅんして止まりません。
短編それぞれ雰囲気は違いますが、絆を感じさせますね☆

« ピンクギンガムのSDブラウンウィッグ | トップページ | ご近所の秋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62167115

この記事へのトラックバック一覧です: 「えどさがし」:

« ピンクギンガムのSDブラウンウィッグ | トップページ | ご近所の秋 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック