フォト

おすすめ本

« 白いブラウスに制服スカートのSDピーチウィッグ | トップページ | 隅っこで一緒に »

「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」

ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」幻冬舎

噂に高いアラフォー女子エッセイ。
強烈なタイトルに惹かれて読みました。

ジェーン・スーさんて、この本の紹介を知るまでは存じ上げず、最初は外国人かと思ったという。
ラジオで身の上相談もしていたりする人なんですね。

キャリアも小金もあるような年代になって、女子と言わないでもいいだろう、といったところ。
一方では、揺れ動く気持ちもあると、ちらっと書いてあります。
女子会、流行ってますね。
この場合、年齢は関係ないのでしょう。
女子という言い方が若ぶっているなら、それはどうなのかという視線も向けられるだろうけど、ホントはどうでもいいような気も‥

「30代は青年期と中年期の間」というのは、わかります。
まだ若さも十分あるけど、本当に若いのとは違う。
成熟へ向かいつつあるけど、まだ落ち着いてはいない。
大きく揺れ動く時期なんですよね。
仕事を頑張っていても評価には限界があるかもしれない。いつの間にか年をとってしまいそう‥?
普通に続くように見えて、実はいつなんどき人生がどっちへ転ぶかわからない。大逆転もありうる、と。
だから色々な迷いでもやもやするときに思うこと‥
ぴたっとはまる人もいるのでは。

24歳でお母さんをなくされて、父と直接向かい合うと緩衝材がなくて衝突してしまう。
それも、だんだん互いに上手く距離をとるようになると。
こういう話はわかりますね。こちらは‥高齢化社会の一員という感覚で生きているため、既にもっと枯れているかなぁ‥
頑張って生きてきて今になったんだから、まあいいじゃないの。
周りを見ても、じつは~人生いくつになっても何が起こるかわからない、という気がします。

ニッセンの話とか、ピンクと和解する話とか、そうそう、なるほどね、と。
はっきり書いてあっても、意地悪すぎないのが良かったです。
ニヤッとするような話も多いけど、予想よりも濃くてまじめ。
真剣に働いている人の熱っぽさと重さを感じました。
働き盛りの頼もしいお姐さんという印象☆

« 白いブラウスに制服スカートのSDピーチウィッグ | トップページ | 隅っこで一緒に »

コメント

わたしも題名に引かれて立ち読みしました~(ゴメンナサイ)
おもしろかったですね!
爽快な語り口でニヤリとさせられるところもたくさんありました。

私たちなんて50代で女子会って言ってますからねえ~(爆笑)もっとも、外国じゃおばあちゃんでもガールなんですってね

marieさん、
立ち読みで済みましたか? けっこう厚いのに(笑)
そうですね~爽快な語り口で。
あちこちでニヤッと。
女子という言葉の意味は変わってきてるんでしょうね。
とはいえ、もともと女子というのは女の子とはちょっと違ってたと思います~。
若い子ばかりちやほやする傾向は何とかして欲しいと思うけど、自分から若ぶるのもどうか、ってことですかね。
外国じゃ、おばあちゃんでもガール?!
それって同じような発想なんでしょうか。
女はいくつになっても女、とも言うし~デイサービスだってすぐお喋りし始めるんですから(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62248378

この記事へのトラックバック一覧です: 「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」:

« 白いブラウスに制服スカートのSDピーチウィッグ | トップページ | 隅っこで一緒に »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック