フォト

おすすめ本

« ハロウィンのジャック・スパロウとmomoko | トップページ | ちょっと暑かった日 »

「過ぎ去りし王国の城」

宮部みゆき「過ぎ去りし王国の城」角川書店

宮部さんの現代ものファンタジー。
中学生が不思議な絵の中に入り込み‥?

中学3年の2月、もう高校が決まった尾垣真は、ある日ヨーロッパの古城を描いたデッサンを拾います。
絵の中に吸い込まれるように感じ‥
どうやら自分のアバター(分身)を書き込むと、その世界の中に入れるらしい?

テニス部で「壁」と呼ばれ、友達らしい友達もいない真。
美術部の城田珠美に、絵を描いてもらおうと思いつくのです。
珠美は、女子にもっと露骨にハブられていました。
その世界では森の奥に古城があり、城の中には女の子がいるように見えます。
もう一人、パクさんと名乗る四十男も、その世界の探索を試みていたと知ることに。
10年前に起きたある失踪事件が、関わっているのかも知れない‥?!

それぞれに問題を抱えた3人が、事件の真相を知ろうとして、出来ることを探していきます。
中学3年の終わり、進路が分かれる前の限られた期間での出来事。
珠美自身の境遇は、そう簡単に解決できるようなことではないんですね。

子供向けのファンタジーならば、もっと解決しやすい問題にして大きな爽快感を味わわせることも可能なはず。
そこをやらなかったのは、重さを実感させる告発的な意味があるのかも。
現実にもこういう家庭やいじめはあるでしょうから。
けれども、共に冒険に乗り出し、他の人のために精いっぱいの勇気を出した経験、事態が変わることに力を貸せたという喜びは、奥深い自信となっていくでしょう。
やや軽くまとめてあるのかと思えたけれども、予想より余韻のある読後感となりました。

表紙の絵は、黒板に白墨で描いたものだそうで、すごくいいですね!

« ハロウィンのジャック・スパロウとmomoko | トップページ | ちょっと暑かった日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62248349

この記事へのトラックバック一覧です: 「過ぎ去りし王国の城」:

« ハロウィンのジャック・スパロウとmomoko | トップページ | ちょっと暑かった日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック