« ペーズリー柄ゆかたのバービーさん | トップページ | アソートサンドと季節のケーキ »

「トゥルーブラッド11 遺された秘宝」

シャーレイン・ハリス「トゥルーブラッド11 遺された秘宝」ソフトバンク文庫

「トゥルーブラッド」のシリーズ11作目。
ヴァンパイアとのロマンスものです。

スーキー・スタックハウスは、アメリカ南部の町の、バーのウェイトレス。
人工血液が発明され、ヴァンパイアが人間と混じって暮らしている社会。

ルイジアナの地区責任者であるヴァンパイアのエリックと、スーキーは恋人に。
安定しているように思えた仲でしたが、エリックは何か隠していることがあるらしい?
エリックの上役に当たるヴィクターとはそりが合わず、向こうからも挑発されている危険な状況。
ヴァンパイア同士の抗争が起こるのか‥?

ヴァンパイアのほかにも、人外の存在が多い世界。
実は祖母がフェアリーとの間に子どもをもうけたため、スーキーはフェアリーの血を引いていたとわかっています。
テレパス能力があるのは、そのせいらしい。
フェアリーのクロードとダーモットと暮らしている今、その意味もさらに明らかになってきます。
ダーモットは大叔父にあたりますが、見た目は若く見えて兄のジェイソンにそっくり。
表紙イラストはこのダーモットでしょうね。

エリックとの関係が真の恋愛感情なのか悩むスーキーは、エリックとの血の絆を解消する方法をアメリアに相談。
スーキーの周りの男性とのややこしい関わり、ほのかな恋愛感情のもつれを常に絶やさずにおく作者のサービス精神には感心しちゃいますね。
一方、祖母の遺品から、フェアリーの秘宝らしいものを見つけます。
今回はその力を使うことはなかったですが、次ではっきりするのか?

アクションもある割に、スーキーが大怪我をしなかったので、ほっとしました。
大きな抗争がある翌日に、ふつうに友達との集まりを計画している豪胆さ、人外との大問題も(たまには切れつつ)今や淡々と処理する様子に笑えます。
さりげないユーモアがいいですね☆

« ペーズリー柄ゆかたのバービーさん | トップページ | アソートサンドと季節のケーキ »

o海外作家:シャーレイン・ハリス」カテゴリの記事

ファンタジー」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

ロマンス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61923739

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥルーブラッド11 遺された秘宝」:

« ペーズリー柄ゆかたのバービーさん | トップページ | アソートサンドと季節のケーキ »