フォト

おすすめ本

« ディープヴァイオレットと砂の雫さん | トップページ | 豚と野菜の蒸し鍋定食 »

「猟犬」

ヨルン・リーエル・ホルスト「猟犬」ハカヤワ・ポケット・ミステリ

「ガラスの鍵」賞を受賞した、ノルウェーの警察小説。
手際のいい書きっぷりで、スリリング。
楽しめました。

ヴィリアム・ヴィスティング警部は、警察勤務31年のベテラン。
17年前の事件で証拠捏造があったとある日突然訴えられ、停職になってしまいます。
捜査権もない立場で、自らの無実を立証できるのか‥?

娘のリーネは新聞記者になって5年。
ある事件の取材中、父の危機を前もって知り、特種をとろうと必死になっていました。
それぞれに限界はある身だが、真相を突き止めようと協力し、離れていても支えあう父娘。

ヴィスティングは長く連れ添った妻をなくし、その後に思いがけずにスサンネという恋人が出来ています。
だが、スサンネは店のほうが大事らしく、こちらはどうも隙間風が吹き出しているよう‥?

17年前の事件というのは、少女失踪事件。
ヴィスティングが初めて捜査の指揮を執った事件でした。
そして、今もまた少女が行方不明となり、その捜査に加わることも出来ない‥
飽きさせずに動きがあり、絡み合う事件が思わぬところから手がかりを見せます。
リーネの応援や旧い仲間との繋がりが、道を切り開いていきます。

作者は1970年生まれの警察官。
2000年に作家デビュー。2012年のこの作品が8作目で、このときまでは警察に勤めていたそう。
北欧のミステリに与えられる最高の賞であるガラスの鍵賞をはじめとする賞を独占した高評価なのも、うなずけます。

ノルウェーというと‥スウェーデンの西側、イギリスと海を隔てている、細長い国。人口はスウェーデンよりも少ない。深い森林が多く、住める場所が少ないんでしょうね。見た目はヴァイキング?
ろくに知らないですねえ(苦笑)

ヴィスティングは作者よりも一回りぐらい年上ですね。
理想の警部像なのかな。
この現実味と渋さがなかなか魅力的なシリーズ。
他の作品も読んでみたいです!

« ディープヴァイオレットと砂の雫さん | トップページ | 豚と野菜の蒸し鍋定食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/62166954

この記事へのトラックバック一覧です: 「猟犬」:

« ディープヴァイオレットと砂の雫さん | トップページ | 豚と野菜の蒸し鍋定食 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック