フォト

おすすめ本

« Wake-up momoko 019さんの細部 | トップページ | 500kcal弁当とハーゲンダッツ »

「砂子のなかより青き草」

宮木あや子「砂子のなかより青き草」平凡社

清少納言を描いた小説。
コバルトに連載されたものだそうです。

清原元輔の娘の「なき子」は、夫の橘則光と別れた後、宮廷に出仕することに。
一条天皇の中宮・定子に仕えることとなったのです。
とても美しく優雅な定子に魅了されるなき子。
なき子という名前はあんまり悲しいと、清少納言と呼ばれることになります。

ストーリーも性格も、ほぼ一般的なイメージでわかりやすいです。
若い女官たちに気後れしていた清少納言ですが、快活な定子に才を認められ、いきいきと生活するようになります。
宮中に仕える女性は父か夫の官職名で呼ばれるのが当時の慣わし。そのため本名は伝わっていません。そのへんの説明はなく、なき子という名前にした理由も書かれていないので、ちょっと妙な印象も。
定子一家が幸福なときは短く、頼みの父が亡くなった後に兄弟が不祥事を起こして都を追われ、定子も髪を下ろします。出家しようとしたのですがそれは天皇に覆され、その後に子供を生むことになります。
定子の叔父に当たる藤原道長が権力を握りましたが、天皇は定子を愛しているため、数年の間はせめぎ合いが続くのです。

清少納言は4人の子をなしたというわりには、子どものことを思い出すこともないので、母親にする必要があったのか?と思ったり。
清少納言の夫に子供がいたことはわかっていますが、当時は誰が生んだのか記録がないんですよね。

紫式部はなんと完全に悪役になっていて、鬼のような女。
史実ではまだ宮仕えもしていない時期だというのに‥
わかりやすくするため? あんな小説を書くような人間は相当暗く激しいものを抱えているに違いないという意味でもあるのかな‥
藤原道長は何でもやりかねないと思いますが(笑)
清少納言と紫式部の直接対決を見たいという気持ちは、わからないでもないです。
式部が仕える彰子まで、今風のギャルというか~いじめっ子みたいなのはどうなんでしょう。
そのへんで感情移入しにくくなってから読み終えることになりました。
最後まで共にいる同僚の女性・宰相の君など、いい味出しています。
清少納言は好きだし、これも~読んだ女の子が親しみを感じてくれたら嬉しいですね☆

« Wake-up momoko 019さんの細部 | トップページ | 500kcal弁当とハーゲンダッツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61694612

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂子のなかより青き草」:

« Wake-up momoko 019さんの細部 | トップページ | 500kcal弁当とハーゲンダッツ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック