フォト

おすすめ本

« VERYコラボのボーダーとデニムを着るリカちゃん | トップページ | ご近所の薔薇さま »

「先生と僕」

坂木司「先生と僕」双葉社

上京したばかりの大学1年生が家庭教師をすることになったのは?
殺人の出てこないライト・ミステリ、連作短編集です。

伊藤二葉は、怖がりの大学生。
友人と推理小説研究会に入ることになってしまうのですが、実は殺人の出てくる話は読めないのでした。
たまたま公園で知り合った中学生に、家庭教師を頼まれます。
正確には、母親が家庭教師をつけたがっているけど、その必要はないので、ふりをしてくれと。

まだ中学1年だが都会っ子で頭もいい隼人は、ミステリ・マニア。ジャニ系のアイドル並みの容姿で、女性から話を引き出すこともできるという。
二葉は大人しいけど実は、写真のように丸ごと記憶することができる特技があるのです。
そんな二人が、目の前に現れる謎から思わぬ犯罪を解明していきます。
古本屋での事件。
ビルの火事のとき、消えた人物は?
区民プールで起きた出来事は。
画廊での個展をめぐって。
ペットショップでの不思議な売買は‥?

ついでに、殺人の出てこないミステリ作品のお勧めも。
巻末にも紹介されていますが、これ‥ほとんど、読んだことあります!
ミステリ好きでも、怖いミステリばかりでは疲れますから~こういうの、大歓迎なんですよ。
内容を良く覚えていないものなどは、楽しみに読み返そうと思います。

中学生の隼人が「先生」で、家庭教師のはずの「僕」が生徒という面白さ。
頭の切れる隼人にも嫌みはなく、兄弟のように仲良くなっていく二人が、さわやか。
あっさりした読後感ですが、好感が持てました☆

« VERYコラボのボーダーとデニムを着るリカちゃん | トップページ | ご近所の薔薇さま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61550773

この記事へのトラックバック一覧です: 「先生と僕」:

« VERYコラボのボーダーとデニムを着るリカちゃん | トップページ | ご近所の薔薇さま »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック