« 眠い日 | トップページ | ピンクサテンのドレスのSD13女の子 »

「女のいない男たち」

村上春樹「女のいない男たち」文藝春秋

村上春樹の短編集。2014年の近作です。
女がいない、というか女を失った後、そのことばかり考えている男たち?
かなり読みやすい方でした。

「ドライブ・マイ・カー」
俳優の家福は、専属のドライバーとして初めて女性を雇うことになります。
美人ではないが若くてそれなりに魅力はある女性。
つれづれに、妻に浮気された話なども聞かせるようになる‥

「イエスタデイ」
20歳の頃の思い出。友達の木樽は、関西出身ではないのに自ら関西弁を身につけて喋る男でした。
妙なこだわりのある男で、理想の女性だという自分のガールフレンドを紹介し、僕に付き合わせようとしたのです。

「独立器官」
美容整形外科医の渡会は、裕福でモテモテ。女性とは長く付き合わないのをモットーとしていました。
ところがある日、本気になった女性というのが‥
女には独立器官がある、と語る‥

「シェエラザード」
ハウスから出られない男に、世話係としてやってくる女性。淡々とセックスをして、時には昔の思い出を語ります。
好きだった男の子の家に忍び込んだ話などを。

ほかに「木野」「女のいない男たち」
浮気される話が多いので、ちょっと印象がごっちゃになってきて、みんな作家がバーで聞いた実話みたいに思えてきたり。
いやそこまで現実味はないんだけど、でも何となくありそう。
理屈っぽくてスタイリッシュで、冷静にも見えるけど‥じつは失恋にはこれほどの破壊力があるらしい。
めんどくさい語り口には、女性としては、それがどうしたの?みたいな気持ちも一瞬浮かびますね(笑)
独立器官って‥
現実味がないのは、すべて失われたことだからか!
喪失感をいつまでも抱きしめているのも、男性は失恋体験にも「ファイルに名前をつけて保存」、している状態ってことなんでしょうね。
女性は上書き保存、って他でも聞いたけれど、誰が最初に言い出したんでしょうね。

« 眠い日 | トップページ | ピンクサテンのドレスのSD13女の子 »

name:村上春樹」カテゴリの記事

国内作家:ま行」カテゴリの記事

国内小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61641196

この記事へのトラックバック一覧です: 「女のいない男たち」:

« 眠い日 | トップページ | ピンクサテンのドレスのSD13女の子 »