フォト

おすすめ本

« 「三銃士の息子」 | トップページ | ガーネットのような美女momoko »

「天の梯」

高田郁「天の梯」ハルキ文庫

みをつくし料理帖もついに完結。
楽しみに読んできたシリーズなので、ちょっと寂しいですが~大団円です☆

幼馴染の野江が吉原で花魁となっているのを身請けするため、四千両もの大金を工面しようとしている澪。
ついに「つる家」を出て働くことになります。
別れを惜しみつつ背中を押してくれる、あったかい人たち。
「一柳」に嫁いだ芳も、澪を案じているのですが‥

吉原での慣れない商いでの不器用な有様から、負けるものかと智恵を絞っていく様子が微笑ましい。
一人の力ではないけれど、皆が協力してくれるのも、澪が力を振り絞っているからでしょう。
女が身請けしたと噂になってはいづらくなると気遣ってくれた摂津屋の粋な計らい。
しかし、こんなやり方があったとはねえ!
出迎えのときが来て、野江の姿に涙‥

源斉先生との仲はどうなるのか?
いつになく疲れた様子の先生を見て胸を締め付けられる澪。
かって先生を好きだった美緒さんも、「神様のように思っているだけでは先生がかわいそうよ」と。
優秀で、出世も期待されていた武家の家柄の源斉先生ですが‥
「食は人の天なり」とまで言っていた源斉先生。
澪への尊敬の念が深い愛にこもっているのを感じます。
ずっと見守ってくれた気持ちも報われるのですね。

事件の成り行きが絡んで、芳の息子・佐兵衛がかって出奔したいきさつなども綺麗に説明付けられ、懐かしい人の存在もちらり。
終わってしまうのが寂しくて、これで終わるなんてと、ちょっとあっさりしているようにも感じましたが、すべてバランスよくまとまっていると思います。
本当に丁寧な作風で、お料理もしみじみと味わいたくなります。
後日談などまだ出てくるのでしょう。それを楽しみにしていますよ☆

« 「三銃士の息子」 | トップページ | ガーネットのような美女momoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61336046

この記事へのトラックバック一覧です: 「天の梯」:

« 「三銃士の息子」 | トップページ | ガーネットのような美女momoko »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック