フォト

おすすめ本

« ガーネットのような美女momoko・その2 | トップページ | バランス弁当と柏餅 »

「犯罪心理捜査官セバスチャン」

M・ヨート H・ローセンフェルト「犯罪心理捜査官セバスチャン」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

スウェーデンからまたミステリ作家が出ました。
脚本家二人の合作。面白いシリーズになりそうです☆

セバスチャンは母親がなくなったため、実家を整理しようと故郷に戻ってきます。
若い頃に家を出たきり戻らなかったのには事情がありました。
その町で殺人事件が起き、国家刑事警察の殺人捜査特別班が呼ばれます。
それはかってセバスチャンが心理捜査官として活動していた班で、旧知の仲のトルケルがリーダー。
セバスチャンは仕事に加わるよう依頼されます。
優秀だが口が悪く協調性に欠け、女と見れば口説いて回るセバスチャンはトラブルメーカーで、同僚は嫌な顔をするのですが‥
セバスチャンはある理由から、参加することに。

猟奇殺人に捜査官は嫌な男?かもしれないので、読むのは後回しにしていました。
いやこれが‥
捜査側にも個性的な登場人物が揃っていて、それぞれの人生があり、仕事だけに打ち込んでいる刑事は一人もいないぐらい。
リアルさもありつつユーモア漂う描写、それに殺人の描写はしつこくありません。
セバスチャンは内面も描かれているので、単なる自己中男というのではなく、意外に感情移入も可能。
自分でもどうしようもない男と思っているのですが、そのひねくれぶりがけっこう面白い。高圧的な教育者の父親と冷たい母親に育てられ、一度は心から愛した人もいたのです。
見た目は意外に普通らしいけど、それが案外抵抗感をなくすのか‥? 上巻の表紙イラスト、内面をイラストにすればこっちだと思うよ。
心理学の知識と経験を生かして、口説きながら反応を見てやり方を変えていくという。とんでもない男だけど、どうやるのか知りたい人もいるかも?(笑)

少年ローゲルの発見に遅れをとった警察内部の事情もあり、特別班のチームの中にも人間臭い秘密があります。
人間模様の展開がなかなか面白い濃さで、セバスチャンだけに頼らない展開、でも最後はさすがセバスチャンね、という満足感もあり。
犯人になりかねない性格だから犯罪が理解できるというとんでもない男が抱えている心の傷も、仕事が出来る程度には癒えてきたのか‥?
既に映像化されているようです☆

« ガーネットのような美女momoko・その2 | トップページ | バランス弁当と柏餅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61335826

この記事へのトラックバック一覧です: 「犯罪心理捜査官セバスチャン」:

« ガーネットのような美女momoko・その2 | トップページ | バランス弁当と柏餅 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック