フォト

おすすめ本

« VERY服ボーダーに上着を着るリカちゃん | トップページ | 気にならないの? »

「セプテンバー・ラプソディ」

サラ・パレツキー「セプテンバー・ラプソディ」ハヤカワ・ミステリ文庫

シカゴの女私立探偵ヴィクことV.I.ウォーショースキーのシリーズ、長編16作目。
アラフィフとなっても相変わらず元気で、気風のいいヴィクが活躍します。

助けを求める電話をのこして、行方が分からなくなった女性ジュディ。
友人ロティの頼みで、ジュディを探していたヴィクが事件に巻き込まれます。
高名な医師ロティは年上の親友で、ヴィクが母とも慕う女性。
そのロティとは親の代からの縁がある一家とはいえ、ジュディは麻薬中毒ですっかり身を持ち崩しているらしい。
行方を追ううちに、ジュディの息子マーティンまでが行方不明とわかります。
マーティンは天才的なほど優秀なのですが、貧しいため大学に進む路を選ばなかったらしい。
企業の秘密を盗んで逃亡したという疑いがかけられていた‥

ロティが育ったヨーロッパでの出来事、第二次大戦中の核開発研究までが絡んできます。
現代のシカゴの巨大企業と、壮大な過去が交錯する‥
家族の歴史の暗部が、次第に明らかに?

ヴィク自身は、演奏旅行で留守がちだけど理解ある恋人と上手くいっていて、元気がいいのにほっとします。
途中で出くわした麻薬密売人をやっつけたり、監禁から逃れたりと大車輪。
事件で知り合った警官に「あの後、密売人をぶっとばしたんだって?」と大笑いされたり。
ユーモアと皮肉も健在で、かなりややこしい話を面白く読ませます。

2012年発表の「ナイト・ストーム」から少し間が開いてますね。
それにしても、変わらぬクオリティと勇気ある内容に感嘆。
途中で急にヒロインの年齢を下げたシリーズみたいな妙なこともないしね。
今後も、ヴィクの活躍ぶりを読みたいものです☆

« VERY服ボーダーに上着を着るリカちゃん | トップページ | 気にならないの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61550756

この記事へのトラックバック一覧です: 「セプテンバー・ラプソディ」:

« VERY服ボーダーに上着を着るリカちゃん | トップページ | 気にならないの? »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック