フォト

おすすめ本

« とんかつ盛り合わせ御飯 | トップページ | ピンクのリカちゃんのボーダーコーデ »

「ミステリガール」

デイヴィッド・ゴードン「ミステリガール」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

「二流小説家」が好評だった作者の2作目。
今回は、映画のパロディ的というか~映画オタクの愛と薀蓄に溢れています。

小説家を目指しているサム・コーンバーグ。
結婚5年で妻のララに突然去られ、呆然自失。
小説が売れる見込みが全くない状況が続いていて、勤めていた古本屋も閉店という。
妻を取り戻すために仕事に就こうとして、巨漢の私立探偵ソーラー・ロンスキーの助手となります。
ロンスキーは富豪のようなのですが、家を出ることがほとんどなく、老いた母と家政婦と共に屋敷にこもっている変わった人物。
謎の美女ラモーナの尾行が、サムの初仕事。
ところが、ラモーナはサムの目の前で‥?

サムの友人マイロは、レンタルビデオ店を経営していて、サムはよく一緒に好きな映画を見倒し、元古書店主でレズビアンのMJもよく来ています。
伝説的な映画監督ゼッド・ノートと、彼の映画に出演していた妻のモナら美女達が、謎に絡んできて‥?
メキシコに渡ったサムは、西部劇顔負けの銃撃戦に巻き込まれることに。

やや展開が遅いのは1作目とも共通するけど、薀蓄の対象になっている前衛映画や西部劇にさほど興味が持てないせいか、1作目より長く感じました。
1作目だと、女性の名前でヴァンパイア小説を書くのが面白かったんですよ、いかにもな出来で。
主人公がダメ男なのは1作目も同様だったかもしれないけど、どこが違うのか‥切れ味?
サムの書いている小説っていうのも、どうも‥
サムが純文学(死語?)を書くような人に思えないのが~共感できないところかな?(苦笑)

« とんかつ盛り合わせ御飯 | トップページ | ピンクのリカちゃんのボーダーコーデ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61110303

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミステリガール」:

« とんかつ盛り合わせ御飯 | トップページ | ピンクのリカちゃんのボーダーコーデ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック