フォト

おすすめ本

« プーリップさんの秘密は? | トップページ | アリスさんの秘密 »

萩尾望都原画展

150310_164907銀座で、萩尾望都さんの原画展があると知り、出かけてきました。
JR有楽町駅下車、徒歩3分。
スパンアートギャラリーというところで。

150310_164917河出文庫で「銀の船と青い海」を出版した記念ということです。
河出書房新社から対談集など色々出ているんですね。
原画はほとんどカラーの、この文庫に所収されているもので、
描かれた時期は色々、年代はかなり広いです。
150311_214336
案内のはがきの表と裏(向かって左)

詩情溢れる繊細なペンタッチ、独特な筆遣い、色使いにうっとりです。
漫画家さんのことを書くのって珍しい‥
「ポーの一族」や「トーマの心臓」の頃からのファンなんですよ。
この絵はあの作品の頃かなあ‥とか。
初出のを見た覚えがある懐かし~~い!絵もありました。
Tシャツやクリアファイル、トートバッグも売ってました。
黒地のTシャツのみ全サイズ売り切れで、予約注文の受付をしていました。
ちょっと面白かったけど、着るに着れないだろうし、ただ持っているなら鮮明なイラストのほうがいいかな、と。
150311_214218大人しく本を2冊買って帰りました。
本を1冊買うごとに1枚カラーはがき付き。

150310_171835中央区銀座2-2-18西欧ビル1Fスパンアートギャラリーにて。
3月15日まで開催中です。

知ってる人は知ってるだろうけど~
プーリップさん記事の途中ですが、早めに入れときます。

« プーリップさんの秘密は? | トップページ | アリスさんの秘密 »

コメント

萩尾望都さん、大好き~
なんと言っても絵がキレイですもん!
「ポーの一族」ほんとに初期の作品を読んではっとさせられる表現にびっくりします。
すごい作家さんなんですね。
今は「王妃マルゴ」を読んでいますが、あのややこしい時代背景や人間関係、衣装を描ききっていてすごいです~

marieさん、
萩尾望都さん、お好きですか~!やっぱり^^
絵が綺麗ですよね~。
ほんとに、原画は良かったですよ。懐かしいものも多くて。
初期作品、誰も描いたことのないものを描き出していましたよね。
手塚治虫さんが天才だといっていたのを思い出します。
ポーやトーマだけでも、伝説の漫画家だったでしょうけど。
その後も力強い作品を描き続けて、いまだに活躍なさってます。
「王妃マルゴ」は私も読んでます~すごくややこしいところを独自な視点で捌いてますよね。
他の連載や対談集もあると知り、だんだん読んでいくつもりです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/61266073

この記事へのトラックバック一覧です: 萩尾望都原画展:

« プーリップさんの秘密は? | トップページ | アリスさんの秘密 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック