フォト

おすすめ本

« VERYコラボのトレンチコートを着るリカちゃん | トップページ | 「頭の中身が漏れ出る日々」 »

「要塞島の死」

レーナ・レヘトライネン「要塞島の死」創元推理文庫

マリア・カッリオ警部のシリーズ3作目。
フィンランドの人気ミステリです。

出産休暇を1年とっていたマリア。
休暇の最後の週末、夫と娘のイーダと共に、レードシャール島を訪れます。
かっては要塞だった島ですが、今は塗装メーカーのメリヴァーラ社のものとなり、一般に開放され、宿泊も出来るようになっています。
自然豊かな島ですが、マリアの興味は、実は昔の恋人が1年前に島で事故死していることにありました。

昇進を決めた後の出産だったので、マリアは復帰と共に警部として名実ともにリーダーという立場でスタートします。
昇進を争った同僚ペルツァ・ストレムが代理となっていたため、面白くなさそう。
ストレムは偏見に満ちた嫌われ者だが、警察官としては有能で、どこか嫌いになりきれないマリアでした。

メリヴァーラ一族とはなぜか縁が切れず、社長の息子のユハがデモに参加して逮捕され、さらに社長が遺体で発見されます。
かっての恋人の死も何か関連があるのか‥?

盛りだくさんな内容で、読ませます。
思いっきり気が強いマリアですが、いい夫を見つけて可愛い娘も生まれ、管理職としての態度もだんだん身につけていくところ。
子供をおいてきている罪悪感と、仕事の現場での緊張にさらされ、荒れて行くストレムを気にかけ、事件で出会う男に惹かれたり、と頭の中も忙しい。
個性的な登場人物がポイントを抑えた描写で描かれ、ありありと存在感があります。
関係者に会いにはるばる遠い寒村まで行くシーンなども、印象的でした。

1年の出産休暇が取れて昇進も出来、育児休暇を取りたければさらに取ることもできる。そのへんは、さすがフィンランド!
夫が交代して育児休暇を取っているのも羨ましい限りですが、これはフィンランドでもとやかく言う人がいたり、必ずしも皆がすることではないようです。
警察小説ですが、アラサーのマリアの人生を描いた小説でもあって、変化もありつつ基本はあたたかい生活なのがいいですね。
30歳なんて元気が余ってるんだなぁって印象。本人はキャリアは積んできていても、大人になりきれてないっていう気分かもしれません。

« VERYコラボのトレンチコートを着るリカちゃん | トップページ | 「頭の中身が漏れ出る日々」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60984010

この記事へのトラックバック一覧です: 「要塞島の死」:

« VERYコラボのトレンチコートを着るリカちゃん | トップページ | 「頭の中身が漏れ出る日々」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック