フォト

おすすめ本

« アップルパイフレンチトースト | トップページ | ファーコートのプーリップ »

「バージェス家の出来事」

エリザベス・ストラウト「バージェス家の出来事」早川書房

ある一家の1年ほどを描いて、問題噴出なのにどこかユーモラスで、しかもあたたかい結末。
アメリカの抱えるさまざまな問題がびっくりするほど関わってきます。

バージェス家のジムとボブ、妹のスーザン。
長男のジムは、やり手の企業弁護士。
ボブはジムにばかにされながらも慕っている気のいい弟で、弁護士なのだが法廷には全然向かない。
二人はニューヨークに出ていますが、メイン州に残った妹のスーザンから連絡が入ります。
息子のザックが事件を起こしたため来てくれというのです。

ジム夫婦は、社長夫妻と一緒の休暇旅行を優先して、ボブだけに行かせます。
ザックはモスクに豚の頭を投げ捨てるという事件を起こしたのですが、軽犯罪だからすぐ帰れるといわれて、大人しいボブは内心途方にくれながらも逆らえない。
高校からスターでいまや成功したジムの俗物っぷりは笑えるほどで、夫婦仲はいいのだが、それも事件の推移と共に崩壊の危機に‥?!

スーザンは離婚して独り身。口が悪くてあまり性格は良くないのですが、それは母親に一番きつくあたられて育ったせいという哀しさも。
無口でどこか未発達な息子のザックのことを、いつも心配してきました。
バージェス家の父は事故で早く亡くなっていて、それも幼いボブが車をいじったせい。
このトラウマを抱えているボブは、どこか気弱でたまに放心する癖があります。
だんだんわかってくるのは、兄妹3人ともが、自分のせいだったと責めていたこと‥

ザックの事件は連邦犯罪のヘイトクライムと扱われる危険が出てきて、ジムも駆けつけます。
田舎町にはソマリアからの難民が増えていて、見た目や風習の違いに、スーザンは違和感を覚えていました。
ソマリ人の視点もあり、暴漢に襲われる危険に脅える心理も。
ところが公判でザックを見たソマリ人は、その弱々しさに驚き、ただの寂しい子供だという説得に理解を示してくれるのです。

ジムとボブが中心ですが、ジムの妻、ボブの別れた妻や、かかわる人間達が皆生き生きとしていて、なんとも人間臭い。
抱えている問題は皆いずれは表面に出てくるもの、という印象。
大変なことになってしまった窮地が少しずつ解きほぐされ、全員に希望が見えてくる展開が感動的です。

「オリーヴ・キタリッジの生活」でピュリッツァー賞を受賞しているストラウト。
作品数は少ないのに、とても尊敬されている作家のようですね。
「オリーヴ・キタリッジ」はひとつひとつは短いのに濃くて、確かに読みでがありました。
田舎町出身の兄弟や家族の話も、アメリカ人の琴線に触れることでしょう。
読みきると案外、重くない、愛と希望に満ちた話でした。

« アップルパイフレンチトースト | トップページ | ファーコートのプーリップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60983987

この記事へのトラックバック一覧です: 「バージェス家の出来事」:

« アップルパイフレンチトースト | トップページ | ファーコートのプーリップ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック