フォト

おすすめ本

« VERYコラボ服をコーデするリカちゃん達 | トップページ | 寄りそって眠る »

「煌めく氷のなかで」

ヴィヴェカ・ステン「煌めく氷のなかで」ハヤカワ・ミステリ文庫

シリーズ3作目。
サンドハムン島を舞台に、警部トーマスと幼馴染の女性ノラの二人主人公で描く、スウェーデンのミステリです。

2007年2月、酷寒のさなか。
森で遊んでいたノラの息子たちが、人体の一部を発見してしまう。
秋に行方不明になっていた少女のものらしい。
先輩のマルギットと共に捜査に当たるトーマスは、島の入り組んだ人間関係を探ることになる‥

ノラは別居中の夫ヘンリクとは会う気もせず、夫婦仲は絶望的になっていました。
(仇役の姑が今回は電話だけですが相変わらずで、しょっちゅう出てこないほうがいいけど、対決がどうなるのかは興味もあります)
一方、警部のトーマスは、別れた妻ペニラから突然連絡を受けて会ってみます。
思わぬ出来事から妻を無意識に非難せずにはいられなかったために別れたのですが、それが間違いだったと今になって、はっきり悟るトーマス。

過去に島で起きた家族の話が挿入され、どう関連してくるのか、すぐにはわかりません。
この手法を取るミステリ作家は多いですが、これもなかなか効果をあげています。
息子トールヴァルドを虐待する父親は、年の離れた娘のほうだけは可愛がっていました。
トールヴァルドは、カロリーナという美しい娘と惹かれあうのですが、諦めざるを得なくなり‥
カロリーナには何が起きたかわからない。
哀切な過去がよみがえり、胸に染み入ります。

真冬で寂れてはいても、美しい島の情景。
ノラの本来さっぱりした気性や、作者の明晰な描き方で、重い内容も暗すぎる印象を与えず、読みやすい。
訳文もお見事!
このシリーズはあちらでは既に6作刊行されているということで、続きも期待しています☆

« VERYコラボ服をコーデするリカちゃん達 | トップページ | 寄りそって眠る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60983957

この記事へのトラックバック一覧です: 「煌めく氷のなかで」:

« VERYコラボ服をコーデするリカちゃん達 | トップページ | 寄りそって眠る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック