フォト

おすすめ本

« VERYコラボ服で着替えるリカちゃん | トップページ | 寒い夜は一緒に »

「パパ、ママ、あたし」

カーリン・イェルハルドセン「パパ、ママ、あたし」創元推理文庫

スウェーデンの警察小説。
ショーベリ警視シリーズ2作目。
都会の孤独を描いて、それぞれに大変な問題のある家庭に驚かされつつ、それほど重すぎはしない読み応え。
小さな女の子と、助けようとする老婦人の奮闘が光ります。

ストックホルムのハンマルビー署。
刑事のペトラは、公園で冷え切った赤ん坊を発見。
母親も発見されるが、身元が全くわからないまま。
じつは父親は日本に旅行中(出張?)していて‥
マンションの部屋に取り残された3歳の女の子ハンナが何日も一人でいることを、誰も知らない‥

幼いなりに頑張るハンナがいとおしくなります。
ハンナがでたらめにかけた電話を受けた老婦人バルブロは警察に連絡するが取り合ってもらえず、自分でハンナのマンションを探し始める。
間に合うか‥?

一方、フィンランドフェリーでは16歳の少女イェンニーが発見される。
友達と乗った船中で、いったい何が起こったのか?
イェンニーの母親は酒びたり、家には飲み仲間がたむろしている環境。
人目を引く美人で頭も悪くないイェンニー姉妹は何のしつけも受けず、生きかたを知らなかった‥

前作での事件を引きずる女刑事ペトラ。
思いがけない成り行きで、窮地に立たされ辞職させられそうに。
ショーベリはそれを救うが‥
コニー・ショーベリ警視自身、思わぬ問題を抱えることに。
4人の子持ち(2人は養子)で愛妻家という印象だったショーベリだが、生い立ちに謎が‥?

第1期3部作の2冊目ということで、ショーベリの問題などはゆっくり解き明かされるのでしょう。
力のこもった作品で、いきいきとした文章。
魅力があります☆

« VERYコラボ服で着替えるリカちゃん | トップページ | 寒い夜は一緒に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60943338

この記事へのトラックバック一覧です: 「パパ、ママ、あたし」:

« VERYコラボ服で着替えるリカちゃん | トップページ | 寒い夜は一緒に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック