フォト

おすすめ本

« 梱包状態はいかがでしょうか | トップページ | VERYコラボのワンピのリカちゃん »

「本屋さんのダイアナ」

柚木麻子「本屋さんのダイアナ」新潮社

女の子二人の友情に、本が絡んで‥
すごく面白かった!

矢島ダイアナは、大穴と書いてダイアナと読むという自分の名前が大嫌い。
キャバクラに勤める母ティアラ(本名・有香子)は世界一ラッキーな名前という意味で父と相談してつけたというのだが。
その父はおらず、誰かも教えてもらえない。

小学3年のときに神崎彩子と出会い、仲良くなります。
真っ黒な髪の優等生の彩子は、前から本好きで有名なダイアナを知っていたという。
母は優雅な料理教室をやっていて、家も服装もシック。
上質なものを長く使う、本物がわかる女性になってほしいと彩子に言います。

ダイアナは彩子の母親の知的で家庭的な様子や、家の落ち着いた雰囲気に憧れますが、彩子のほうは逆。
キラキラしたものがいっぱいな可愛い家で、ジャンクフードの美味しさや、一緒にゲームをしてくれる金髪の母ティアラに憧れるのがおかしい。

ダイアナとは、赤毛のアンの親友の名前だという彩子。
それに、「秘密の森のダイアナ」という日本人作家の本も愛読書でした。
可愛らしい友情に、思わぬことからひびが入ります。

私立の中高一貫女子校・山の上女学園に彩子は進み、みんなの憧れの生徒となります。
狭い世界で守られている自分の臆病さを気にしていました。
共学の大学に進んだとき、イベントサークルに誘われ‥?
親の躾けや育ちのよさでは守れない危機が‥!

ダイアナのほうは、山の上女学園には進めない。
いじめを跳ね除けながら孤独がちに成長しますが、幼馴染の武田君という味方はいました。
高校卒業後は本屋の店員を目指します。
ネットでの書き込みや本の紹介から、いつしか再び知らないうちに近づいていく二人。
自分の父が誰なのか知りたいと思うダイアナの混乱は‥

事件もあり、思わぬ距離も出来つつ、互いに自分にない良い面をちゃんと見て感じ取っている二人。
他の登場人物も個性がハッキリしていて、それぞれ欠点はあるけど根は善良。
面白おかしく描き出される軽快なテンポがいいですね。
どうにも出来ないこともあるけれど、皆が互いに気にかけている様子に、心温まります。

« 梱包状態はいかがでしょうか | トップページ | VERYコラボのワンピのリカちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60943280

この記事へのトラックバック一覧です: 「本屋さんのダイアナ」:

« 梱包状態はいかがでしょうか | トップページ | VERYコラボのワンピのリカちゃん »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック