フォト

おすすめ本

« お人形振袖の帯いろいろ | トップページ | 花びら餅とお弁当 »

「まったなしの偽物鑑定」

シャロン・フィファー「まったなしの偽物鑑定」(コージーブックス)原書房

シリーズ3作目。
アラフォーでアンティーク雑貨の売買を仕事にしようとしているヒロインです。
読みやすく、書き込みはけっこうあるほうで、手ごろな印象ですね。

ジェーン・ウィールは、アンティーク雑貨の収集に目がない拾い屋(ピッカー)。
小規模の商いも始めてはいますが、自分が欲しくて買い集めてしまったものが家の中を占領している状態。
今日も夢中になっていて、かわいい息子のニックとの約束を破ってしまい‥
猛反省して家事のカリスマの本をまとめ買いし、読み漁ります。
このカリスマ本の耳に痛い言葉が章の冒頭にあるのも皮肉な面白さ?

元刑事で探偵のブルース・オーの妻クレアが逮捕され、協力を求められます。
プロのアンティーク・ディーラーのクレアと初めて会ったジェーンは、イメージと違う彼女に戸惑います。
クレアは貴重なアンティークを発見したのに、それを偽物と断じた男が殺されて、疑われたのでした。

ジェーンは親友ティムと共に、事件に絡むと思われる施設に滞在することに。
家具工房兼アーティスト村という<キャンベル&ラサール>では、芸術家達ならでは?の人間模様が展開していました。
アンティーク業界の裏の一面を知るジェーン。

滞在中も息子のことで自分を責め続けるジェーンですが、家にいないのですから何も実行は出来ないのがおかしい。
親友のティムに「出来のいい夫と息子と友人がいる、いい母親なんだ、見当違いのことで悩むのはやめろ」と喝破されます。
こんな親友がほしいものですね(笑)

« お人形振袖の帯いろいろ | トップページ | 花びら餅とお弁当 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60943261

この記事へのトラックバック一覧です: 「まったなしの偽物鑑定」:

« お人形振袖の帯いろいろ | トップページ | 花びら餅とお弁当 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック