フォト

おすすめ本

« 年末年始のお菓子 | トップページ | 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん »

「ハンティング」

ベリンダ・バウアー「ハンティング」小学館文庫

三部作の完結編。
複雑な事件と、少年の成長を描ききって、読み応えがありました。

イングランド南西部の寒村シップコット村。
1年半前に連続殺人事件が起きたが、いまだに解決はしないまま。
スティーヴン・ラム少年は17歳となり、転校生の少女エムと好意を寄せ合うようになります。
スティ-ヴンの弟デイヴィーは、甘やかされて生意気盛りとなっていました。デイヴィーの考え無しの行動はさらに事態を引っ掻き回すことに。

狩猟のシーズンの終わる頃。
一人で車に乗って父を待っていた13歳の少女ジェスが突然、さらわれます。
「お前は彼女を愛していない」というメモが残されていました。
しかも、これで終わらず、子供がまた行方不明に‥

村の巡査ジョーナス・ホリーは前作の事件以来休職して、カウンセリングを受けていました。
何をする気も起こらず痩せ細った彼が、このタイミングで復職。

前の事件も担当したレノルズ警部補とライス巡査部長が捜査のため、苦い記憶のあるこの地にやって来ます。
それぞれにあまりにも人間らしい捜査陣と村人達。
どこかユーモラスで温かく描かれる人間味が、なんともいえない面白さ。
鹿が草を食んでいる、絵のように美しい田園でこんな事件が起こるとはと思う警部ら。
人口は少なくても土地は広く、捜索隊が探し回っても手がかりも見つからない。
それぞれに思い込みや優柔不断、判断の曇りが‥
人の世のさまざまな苦しみを視野に入れながら、決して諦めてはいないのがいいですね。
思わぬ突破口がどこでわかるかも、この作者らしくて、効いてます。

弱りきったジョーナス巡査の言動は心もとなく、切ない。
事件は一ひねりしてあり、鬼気迫る描写で、仮に俳優が演じたら凄いことになると目に浮かぶほど。
作者はもとは脚本を手がけていた人。
‥でもこれはちょっと映像化はしないほうがいい作品かと思う点も?(苦笑)
スティーヴンの成長は微笑ましく、頑張れ!と一家に声をかけたくなります。

« 年末年始のお菓子 | トップページ | 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60943226

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハンティング」:

« 年末年始のお菓子 | トップページ | 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック