フォト

おすすめ本

« 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん | トップページ | カーテン日向 »

「冬虫夏草」

梨木香歩「冬虫夏草」新潮社

「家守綺譚」の続編。
大事に取っておいた本です。
美しい文章、旅するような心地。本当に大切にしたくなります。

綿貫征四郎は亡き友・高城の実家を託され、駆け出しの文筆業にはげみつつ、愛犬のゴローと暮らしていた。
河童が時折、池にはまっていたり。
不思議なことも自然に受け入れる綿貫。
亡き友もまた姿を見せることがある‥

人望のある犬ゴローが、半年も戻ってこない。
鈴鹿山中で姿を見かけたと噂を聞き、綿貫はついに探しに出る決意をします。
花の名前がついた短い章が続き、掌編小説のような趣。
今よりはだいぶ昔ふうの、明治の文豪が書いたかのような文章で、でもそれよりはわかりやすい。日本語の美しさにうたれます。
一つずつ、ぱらっと読み返してもよさそうです。

山中に住む人々の素朴さ、温かさ。
重なるように茂る草花の何と風情のあること。
そして、しっくりと溶け込み、存在を疑わせないあやかし達。
天狗を空に見上げ、親を待つ河童の少年に話しかけ、イワナの夫婦がやっているという宿を探し当てる綿貫。
このイワナの夫婦の奇妙さは、なんとも面白みがあります。
主の赤竜が留守にしているとちらほら耳にしつつ、お戻りになったと喜ぶ様子も見ることに。

犬のゴローはあちこちで助けになっていて、「ゴローさん」と尊敬されているらしい。
犬離れしているというか既に人間離れしているレベル?
山中で必要とされているから、もう再会しても戻ってこない別れの場面になるのでは‥とハラハラ。
それがまっすぐ走ってくる可愛さに、やられましたよ☆

« 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん | トップページ | カーテン日向 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60943240

この記事へのトラックバック一覧です: 「冬虫夏草」:

« 牡丹色に菊の振袖のおてんばさん | トップページ | カーテン日向 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック