フォト

おすすめ本

« 「ダーリンは外国人」 | トップページ | 渋谷でイタリアン »

「ダークサイド」

ベリンダ・バウアー「ダークサイド」小学館文庫

デビュー作「ブラックランズ」が好評だった作者の2作目。
舞台は同じ村で、4年後。
筆力ありますね~!

イングランド南西部のエクスムーア国立公園の中にある寒村シップコット村。
村でただ一人の巡査ジョーナス・ホリーは、美しい妻ルーシーが難病にかかったため、故郷に戻っていました。
寝たきりの老女が殺され、その息子が疑われます。
州都から刑事が数人やって来て、捜査に当たることに。

マーヴェル警部は都会育ちで田舎嫌い、傲慢な男ですが、その強引なやり方で結果は出してきました。
思い込みが激しいので、たまに見当違いの方向へ突き進む始末に、部下達もうんざりしています。
ジョーナスはマーヴェルにいじめ同様に見張りに追いやられ、いつもの巡回すら出来ません。
ある日、「それでも警察か?」というメモを受け取ります。

連続する事件、迷走する捜査。
ジョーナスは彼なりのやり方で、捜査の糸口をたどることにします。
難病のルーシーのもとに新聞を届けに来る少年は、スティーヴン・ラム。
探偵役が同一というシリーズではありませんが、1作目の主人公だったこのスティーヴンがあれからどうなったかを作者自身も知りたかったそう。

イヤな男も、憎みきれないような描き方。
脇役のちょっとしたシーンまで含めて、それぞれが人間らしく色々な面を持っている様子が、温かく描かれます。
それが偶然だったり必然だったりしながら絡み合っていく~面白さ。
1作目のスッキリ集約された完成度とはまた違った才能を見せてくれました。

« 「ダーリンは外国人」 | トップページ | 渋谷でイタリアン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60654212

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダークサイド」:

« 「ダーリンは外国人」 | トップページ | 渋谷でイタリアン »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック