フォト

おすすめ本

« みんつく服のマリーナさん | トップページ | 「ダークサイド」 »

「ダーリンは外国人」

小栗左多里「ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?レポ」メディアファクトリー

2002年発行の本で、読むの3回目。
見やすい絵で気楽に読めて、笑えて、ちょっとためにもなります。
ゆったり暮らすカップルの何気なく尊重しあう様子が微笑ましい。

一緒に暮らすイタリア人の彼氏トニーは大学講師でジャーナリスト。
面白くなるほど彫りの深い顔で、真面目で純粋。
日本人が家族のことを謙遜してけなすと、真面目に受け取って悲しむとか。「いいところ、いっぱいあるのに」って。
でも外国のブラックジョークは平気なのね。
映画を見るときは、泣いたり笑ったり、飛び上がったり。
笑いの沸点が低いのは外国人ならではなのか、個性なのか?

部屋を借りにくいのは、外国人も漫画家も同じぐらいだとか。
外国人と付き合っていると知った家族の反応も面白い。

日本語ペラペラで外国語オタクな彼なので、日常会話は日本語。
学者さんなので頭の中は難しいことでいっぱい。
語学の話をするのも面白そうだけど、時々レベルが高すぎて困る?
同じ部屋にいて話しかけても返事をしないことも多く、しまいに彼女がキレルほど。
では暇なときに話しかければいいのかというと、暇なときがほとんどないという。これは外国人だからじゃなくて、学者さんだからですね。

物は出来るだけ持ちたがらず、倹約家。
その精神はいいけど‥ちょっと細かい?
料理は出来ないトニー。
朝ごはんを作って持ってきてくれて「ハニー」と呼ぶなんて甘いシーンは全然ないそう。
お皿を洗ってくれるようにはなったが、綺麗に洗えていないので指摘すると、自分のやり方でやるので任せてくれと言う。
いや、ちゃんと出来ていない段階でそれ言う資格ある?でも共同生活するとき、角を立てないほうがいいこともあるわね‥
互いに許しあう方針の、作者のやりかたもわかります!

日本食も何でも食べられるが、一番好きなのはトマト味なので、簡単。
冷蔵庫にチョコアイスを取りに行くときのトニーが格好でバレバレっていうのが~笑えて、ツボでした♪

« みんつく服のマリーナさん | トップページ | 「ダークサイド」 »

コメント

外国人と結婚した人のマンガ、おもしろいですね!
文化や言語の違いがユーモラスに描かれていて、わたしはトニーの顔が濃い話が一番笑えました。
中国嫁日記もおもしろいですよ。

http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/

marieさん、
外国人と結婚した人の漫画、読むの面白いです~!
トニーの濃い顔、あはは、それは基本ですね☆
友達がイタリアに留学していたので、眉が繋がってるのが普通とか、聞いたのを思い出します。
中国嫁日記も面白そう~! 読みたいと思います♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダーリンは外国人」:

« みんつく服のマリーナさん | トップページ | 「ダークサイド」 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック