フォト

おすすめ本

« 「本を隠すなら本の中に」 | トップページ | アメリのボレロと帽子のバービーさん »

「ポジティブの教科書」

武田双雲「ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる三つの基本と11の法則」主婦の友社

書道家の武田双雲がこんなにポジティブな人だったとは。
こういうコツが身につけば、幸運を呼び込み、幸せになれる!?

毎日感動して、その感動を人に伝えて、人を喜ばせたい。
というのがモチベーションとエネルギーだそうです。
子供の頃から競争心はあまりなく、ただ人を喜ばせたいという気持ちだけは人一倍強いそう。
人のためになりたい、世界に貢献したいという気持ちを抱いてから、これほどになったのかな。

幸せになる、三つの基本は
一、幸せを与えること。
一、幸せであることに「気づくこと」。
一、幸せな言葉を発し、幸せな態度をとること。

同じ状況でも「してくれない」と思うか、「してもらってる」と思うか。
先に感謝してしまうと、物事はいいほうへ転がり始める。
日々の小さなことに感謝し、喜びを見つける練習を続けていく。

自分の思い込みをはずす。
出来ない理由を挙げず、「どうしたら出来るようになるんだろう」と考えてみる。
遠慮はしない。

人を変えようとしない。
相手の悪いところに意識が集中していたら、向こうは気分が悪いので言うことを聞くはずもない。
どうやったら伝わるのだろうと考えてみる。
子供を叱るときは、明らかに迷惑をかけたその部分だけを叱ること。人格を否定しない。
褒めるときも上から目線だと伝わらない。すごいなあ、嬉しいなあという感動をこめて。

他人からネガティブなことを言われたときには、受け流す。
関わらないほうがいい相手からは逃げる。
関係をよくしたい場合は相手を分析する。
どうしても嫌な相手のことは、頭の中で存在をどんどん小さくしていく。
他人のことでネガティブなことを考えても、潜在意識には主語がないので、自分を不幸にするのと同じになりかねないから。

不安があるとき、問題を大きくしない。
ピンチはチャンスに繋がるものだから、それを楽しみに。
ゆとりを持つと決めて、ちゃんと休みはとる。

ちょっとのイライラは別にイライラしてもいい、と思う。
イライラを繰り返すときは分析して、対策をとる。

口角を5ミリ上げ、ゆっくり呼吸する。

やった後悔よりも、やらない後悔のほうが大きい。
今すぐ、楽しいことを始めてみる。
やりたいことに既に成功した自分をイメージする。

やりたいことリストは、欲望だけだと悪魔のリストになりかねない。
周りの人をハッピーにする、ということを付け加える。

一つ一つ、具体的な流れがあって書かれているので、説得力がありますよ!
この本の広告を見つけたときに、心がよどんでいたので(笑)元気になりたい一心で読みました。
読んでいると明るい気分になれます。

ただ、3日ぐらい本の通りの気分で過ごしていたら、その後に反動が起きました。
暗い気分になるのも当然な事情があるので、思い出してしまい、それはそれなのだと思います。
ないことにするのは、また違うでしょう。
ずっと暗い気分でいるのではなくね。事実は認め、そのことが悲しい、残念なのも当たり前、でもそれだけじゃない、必ずいい面もある、うんといいことも他にたくさんある、と。

ありがとう、幸せだ、と毎日、口にするようにしています。
「ポジティブの教科書」というだけあって濃いので、週に1度とか、自分に関係のあるところを読んで、少しずつ身につけていく、というぐらいのペースでもいいのかも。
幸せなイメージを描きながら‥
時々、服用してみたいと思います☆

« 「本を隠すなら本の中に」 | トップページ | アメリのボレロと帽子のバービーさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポジティブの教科書」:

« 「本を隠すなら本の中に」 | トップページ | アメリのボレロと帽子のバービーさん »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック