フォト

おすすめ本

« マリーナ服のトップスと靴を替えて | トップページ | アソートサンドとケーキ »

「貧乏お嬢さま、空を舞う」

リース・ボウエン「貧乏お嬢さま、空を舞う」(コージー・ブックス)原書房

シリーズ3作目。
公爵令嬢だけどお金がないジョージーが活躍します。
長身で健康で気取りがない、さわやかなヒロインで、好感が持てますね。

8月のロンドン。
思わぬ猛暑に見舞われ、ジョージーの仕事も口がない。
新しい仕事を思いついたのに、これが大失敗。
事情が伝わって警察に呼ばれ、噂が立たないうちにスコットランドに帰るよう言われてしまいます。

ところがこれは半ば口実、内側から観察して欲しいという依頼も受けます。
ジョージーの故郷では、王族が次々に奇妙な事故に巻き込まれていたのです。
兄が継いだラノク城の近くには、国王夫妻が夏の休暇で滞在するバルモラル城があります。
気の合わない義姉のフィグは、意外なことにジョージーを大歓迎。
皇太子の愛人シンプソン夫人がバルモラル城には迎えてもらえないので、仲間を引き連れてラノク城に泊まりに来たため、わがままな客の相手に苦労していたのです。

親友ベリンダの恋人はイタリア貴族のパウロで、スピードボートの世界記録を出そうとネス湖での実験に励んでいます。
女性パイロットのロニーがさっそうと愛機で降り立ったり、ジョージーの母もバルモラル城を訪れたりと、にぎやかなメンバーが避暑地に勢揃いします。
そんな中、相次ぐ不審な事件。
エリザベス王女と乗馬に出たジョージーは、銃弾に狙われ‥?!
エリザベス王女はちょっと前に読んだ別作者の「エリザベス王女の家庭教師」の頃よりは数年前の設定ですが、イメージは同じ。
真面目でかわいらしく、犬と馬しか頭にない(笑)

ジョージーと恋人になりかけのような微妙な関係のアイルランド貴族ダーシーも現れ、喧嘩になったり、キスしたり、助けてくれたりと忙しいことに。
懐かしいばあやや顔なじみの人々に迎えられ、大好きな母方の祖父も呼び寄せて、食べ物はたっぷりあるし、故郷も悪くない様子。
けっこう書き込まれているけど、テンポよくユーモラスに展開するので、すいすい読めました。
ダーシーとの仲もちょっと進展するので、なかなか満足な読後感でした♪

原題は「Royal Flush」で、そのほうがお洒落だなぁ。
他の作品も、英国王家という意味でのRoyalと上手く掛けてありますね。日本語でこの雰囲気を出すのは難しいかな?

« マリーナ服のトップスと靴を替えて | トップページ | アソートサンドとケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60460483

この記事へのトラックバック一覧です: 「貧乏お嬢さま、空を舞う」:

« マリーナ服のトップスと靴を替えて | トップページ | アソートサンドとケーキ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック