フォト

おすすめ本

« ヘルシーバランスなお弁当 | トップページ | バービーの黒ミニのアメリ »

「月下上海」

山口恵以子「月下上海」文藝春秋

2013年第20回松本清張賞受賞作。
動乱の中、令嬢の人生を描いた華やかな作品です。

八島多江子は、財閥令嬢。
かってのスキャンダルを利用してのし上がり、人気画家となっています。
上海には租界があり、東洋のパリとも呼ばれるほど、各国の領事館が中国の貧しい人民の暮らしとは異なる世界を築いていました。
多江子が上海に渡ったのは、中国文化協会に招待されてのこと。
ところが、憲兵隊の大尉・槙庸平から、スパイ行為を強要されます。
民族資本家・夏方震に接近して、蒋介石政権と通じている証拠を探せと‥
陰謀渦巻く上海。

多江子はおてんばな少女で、幼馴染でいじめられっ子の瑠偉をかばってきました。大人になって瑠偉と結婚したのですが‥
夫と愛人に殺されかけた大スキャンダル。
その真相を知っていると脅す槙。
じつは‥
仕方なく夏(シャー)に近づきましたが、彼の人間的な大きさに惹かれ、夏も心身に傷を負った多江子を本気で想うようになります。
ところが、気づいた槙に夏が逮捕されそうになり‥

美しいが気弱な初恋の夫、野卑で強引な憲兵隊員、年上で誠実な中国人の大立者という3人の男。
どろどろにもつれ込む関係は、上海版で小型の「風とともに去りぬ」みたいな。
これほどもつれた関係ではないけど、最後に縁ある若者も登場。

長身で個性的な美貌の多江子が着る豪華なドレスが毎回、キッチリ描写されているのもお楽しみ。
ぐいぐい引き込まれて読みやすく、ヒロインの強さともろさ、激しさと優しさもわかりやすい。
なんとなく~二日連続2時間ドラマみたいなノリですね。
天海祐希主演で、瑠偉は綾野剛とか‥年齢合わないか?
映像化は向いていると思います!

« ヘルシーバランスなお弁当 | トップページ | バービーの黒ミニのアメリ »

コメント

帯につられて読みました……
いい意味で少女マンガみたいな話でした。
財閥のお嬢さまに美貌の幼なじみ、野卑な憲兵ですからねえ。
なんとなく違和感あるのは、お金も美貌も権力もあるヒロインがしょーもない幼なじみに拘泥して身を誤るところですね。風…でいえばアシュレの役どころですか。
天海祐希はいいですね!


上海というといろいろな小説の舞台になっていて、すっごく憧れていたのですが、実際は広い工業地帯…

>marieさん、
これ、なかなか面白かったですよね?
帯ってどんなのだったのかしら~図書館で借りたので、帯はついてませんでした。
そうそう、少女マンガみたいです。
ロマンチックでドラマチックで、濃いけど重過ぎない。
初恋の夫は、やはり初恋だと見誤るというか?そのへんもアシュレー的なのかも。
ないものねだりになりがちってことかも‥
天海祐希、合ってるでしょう~もうそれしか浮かばなくて。

上海は面白そうなイメージですよね。
でも今は工業地帯ですか! 昔の面影はないのかな‥

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60254402

この記事へのトラックバック一覧です: 「月下上海」:

« ヘルシーバランスなお弁当 | トップページ | バービーの黒ミニのアメリ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック