フォト

おすすめ本

« 「秘密 上」 | トップページ | 発表会と打ち上げ »

「秘密 下」

ケイト・モートン「秘密 下」東京創元社

面白かったです!
懸命に生きた人の思い、悲劇を悼み包み込むように、優しさが繰り返し揺れるような、切ない後味。

過去と現在、複数の人の視点で展開する物語。
お手の物の技ですが、上巻では焦らされて~時にイライラしかけることも‥
ここへ来て、怒涛の展開に。

老いた母の若い頃に何があったのか?
国民的女優となっている長女のローレルと学者になっている末っ子の弟ジェリーが協力し合い、過去を探っていきます。
登場人物は個性的でにぎやか。さまざまな思惑が飛び交います。
戦争中に記録が失われていたり、手がかりが尽きたかと思うと、思いがけないところから資料や証言が飛び出すのが面白い。

ネタバレになってしまうと、これから読む方の面白さが減るので具体的には書けませんが‥終盤は癒される展開になっていて、後味がよかったです。

歴史が好きで、年月がたつ話が好きな私には、ツボでした。
こういうタイプの小説、なんと分類したらいいんでしょうねえ。
ミステリ読みにも人気は出ると思いますが。
ロマンチックなところもあるけど、甘さは濃すぎない。
ドラマチックな話の好きな女性向け‥
というだけとも、言い切れないし。
面白い小説を探している人に☆

« 「秘密 上」 | トップページ | 発表会と打ち上げ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60434117

この記事へのトラックバック一覧です: 「秘密 下」:

« 「秘密 上」 | トップページ | 発表会と打ち上げ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック