フォト

おすすめ本

« 黒地に菊の振袖の帯を替えて | トップページ | 今日はご機嫌 »

「島はぼくらと」

辻村深月「島はぼくらと」講談社

直木賞受賞後の作品。
瀬戸内海の小さな島に住む高校生4人を中心にした話。
島ならではの問題もたくさんあるけど、基本的にはさわやかに読めました。

瀬戸内海に浮かぶ人口3千人の小さな島、冴島。
朱里、衣花、新、源樹の4人は、フェリーで本土の高校へ通っています。
フェリーの時間の関係で、部活は出来ないので、帰るのはいつも一緒。
朱里の母は、食品加工会社の社長。といっても、公民館に集まって仕事のある季節だけ皆で作業する会社で、くじ引きでトップになったのです。
朱里は見た目にはあまり力を入れていない。親友の衣花が誰が見ても群を抜いた美少女で、いつも彼女が目の前にいたからでした。
クールな衣花は地元で一目置かれる網元の家の跡取りですが、そのために島の外へ出ることがまず出来ない運命も背負っていました。

リゾートホテルを親が経営する源樹は、Iターン組。とはいえ、源樹は島育ちなのですが。
やや派手な雰囲気の源樹に比べると平凡に見える新は、実は文才があります。
フェリーに乗って露崎という脚本家の男性が現れ、島を引っ掻き回しそうになりました。
幻の脚本を探しているというのです。
4人は、彼を追い出そうと計画し‥?

この件だけではなく、島での揉め事と高校生たちの成長がかなりゆっくりと描かれます。
気持ちよさそうな島の風景と、町おこしを目指す町長、地域活性デザイナーとの関わりなど、その土地ならではの事情が展開します。
悪気のない子供たちの感情がさわやかで、広い対象に読んでもらうことを意識した作品だと思いました。
エピローグで大人になった衣花が幸せそうで、明るい未来を感じさせる結末。
心地よい読後感でした。

大人もたくさん出てくるし、特に児童向きというわけではないんですが、YAもカテゴリに足しておきます。

« 黒地に菊の振袖の帯を替えて | トップページ | 今日はご機嫌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60434084

この記事へのトラックバック一覧です: 「島はぼくらと」:

« 黒地に菊の振袖の帯を替えて | トップページ | 今日はご機嫌 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック